株式投資質問集:約定代金ってなんですか?

約定代金ってなんですか?

Q:質問

約定代金って何ですか?
松井証券では10万円以下だと手数料が無料となっていたので。

A:回答

約定代金(やくじょうだいきん)とは、

「(取引が成立した)株価」×「(取引が成立した)株数」=「約定代金」

となります。
取引が成立することを「約定」と株式用語で呼びます。

例であげると、

・株価78,700円の「楽天」を1株購入した場合、
 約定代金は 「1株」×「78,700円」=78,700円

・株価2,760円 の「USEN」を20株購入した場合、
 約定代金は 「20株」×「2,760円」=55,200円

・株価600円の「ミズノ」を1000株売却した場合、
 約定代金は 「1000株」×「600円」=600,000円

約定代金とは上記のように株の売買時にかかった代金となります。

約定代金の注意点

松井証券」のように 1日の約定代金に応じて手数料が決まる証券会社もあります。

松井証券では、1日における約定代金が10万円以下の場合の手数料が無料です。

ここで気をつけて頂きたい点を一つ。

「1日における」という点です。

つまり、同じ日に5万円の銘柄を買い、追加で他の7万円の銘柄を買った場合は、
1日の約定代金は12万円となり、松井証券の場合は手数料が発生します。

これはお分かりかと思いますが、次の場合も気をつけてください。

同じ日に、5万円の銘柄を買い、他に6万円の銘柄を売却した場合、
1日の約定代金は11万円となります。

ディトレードのように同じ日に売買する際はその合計した約定代金に気をつけないといけません。

10万円以下で買える銘柄は、無料で開ける証券口座を開いたあとに無料で利用できる「スクリーニング」というツールを利用すると手軽に探すことが出来ますよ。

取引手数料が無料というのはとても魅力的。
投資金額が決まっている場合には是非ご利用ください。

スポンサード リンク

初心者向きおすすめ証券会社

初心者向き証券会社一覧を見る

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」[ツイン指値」
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度8年連続第一位

楽天グループ
楽天証券

楽天証券

ディトレーダー向けツール
マーケットスピードで
スピーディーな取引を実現。

マネックス証券詳細 SBI証券詳細 楽天証券詳細
サイト内検索 powered by Google