出来高とは?

出来高とは株の売買が成立した株数のことを言います。

例えば、A銘柄を買いたい人、売りたい人で1,000株取り引きされると、
出来高は「1,000株」となります。

出来高で何が分かる?

出来高とは取引されている株数のことです。
つまり、出来高が多ければ多いほど、取引が活発であると言えます。

  • 会社の業績が前年度よりかなり良かった
  • 会社の不正が発覚した

など。株価に影響しそうなニュースなどが出た際に注目度が集まり「買いたい人」「売りたい人」が増えるため、出来高が増えます。

例として下記のケースを考えてみます。

(例1)株価が低迷を続けてきた銘柄の出来高が増えてきた場合。

注目度が上がっている可能性があります。
今後、株価が騰がる可能性があります。

(例2)株価が上がってきた銘柄の出来高が減ってきた場合。

注目度が下がっている可能性があります。
今後、株価が下がる可能性があります。

出来高ランキング

Yahoo!ファイナンスなどに出来高ランキングなるものがありますが、出来高が増えてきた銘柄を探すのには、実はあまり役立ちません。

証券取引所で取引されるには単元株というものがあります。
※単元株とは、株式を取引するために最低限購入しないといけない株数のこと。
その銘柄により、1株~1,000株と購入株数が変わります。

つまり、同じ1,000人の人が売買を成立させたとしても、

  • 単元株1株   × 1,000人 = 出来高 1,000株
  • 単元株1,000株 × 1,000人 = 出来高 1,000,000株

単元株数が違うので、単純に出来高を見るだけでは取引が活発な銘柄を見つけられません。
Yahoo!ファイナンスの出来高ランキングを見ても単元株が1,000株の銘柄ばかりです。

参考までに、現在 単元株を100株に統一しようという動きがあります。
そうなると、出来高ランキングも現在よりアテになりますね(  ̄∇ ̄)

出来高は今後の相場の動きを掴むのに重要な指標です。対象銘柄の出来高の推移をよく観察することによって、注目度の推移(株価の動向)を推し量ることが出来ます。

出来高で今後の相場の推移を推し量ることが出来ます。

スポンサード リンク

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン

5/31(水)まで!

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

6/30(金)まで!

ライブスター証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


6/30(金)まで!岡三オンライン証券」さんと「現金 5,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。
岡三オンライン証券とのお得なタイアップキャンペーン

サイト内検索 powered by Google