「株式投資の複利」と「銀行の預金金利」の比較

株式投資の世界では

複利(年)で20%以上~ 資産を増やせれば優秀

だと言われています。(相場環境により簡単な時も難しい時もありますが)

銀行の金利は、定期預金で300万円未満を1年間預けても、わずか0.01%程度しかありません。
※2017年3月における「ゆうちょ銀行」の定期預金の金利。通常貯金だと更に低い金利の0.001%。

それでは、超初心者の私がコツコツ貯めた140万円を、

  • 株式投資で「複利20%」で運用する(最終的な目標)
  • 株式投資で「複利10%」で運用する(当面の目標)
  • 銀行の定期預金に預ける(預金金利:0.01%

それぞれの30年後を比較してみたいと思います。

複利と銀行金利との比較

元手140万円の場合。
※2017年3月における「ゆうちょ銀行」の定期預金の金利。通常貯金だと更に低い金利の0.001%。

年数 株式投資で
複利10%
株式投資で
複利20%
銀行定期預金
(0.01%)
1年後 154万円 168万円 140.0万円
2年後 169万円 201万円 140.0万円
3年後 186万円 241万円 140.0万円
10年後 363万円 866万円 140.1万円
30年後 2,442万円 33,232万円 140.4万円
増額 2,302万円
(1,644%)
33,092万円
(23,637%)
4,206円
(0.3%)

いかがでしょうか?

さて、私の最終目標でもある複利20%を30年続けることに仮に成功したとすると、
(ここでは税や損失などは一切考えません)

元手140万円が・・・な・・なんと・・・30年後には、

増額した資産は・・・・3億3,092万円!

と、なる計算になります! (//∇//) ウワーイ

まぁ、この複利20%は私にとっては最終目標です。
現在の目標である複利10%の運用目標でも2,302万円の増額!となります(  ̄∇ ̄)

銀行の定期預金でつく4,206円と比べると、いかに株式投資による複利のチカラが大きいのかが お分かり頂けたと思います。

参考までに管理人が元手140万円を、株式投資で2004年から2015年までの11年間運用して得た利益は約560万円です。
管理人の投資実績

複利のチカラは大きい

複利のチカラを活用するには「投資で増えた資産は再度投資へ回す」のが基本原則です。
投資で増えた金額を「貯金」してしまっては、元本が増えず複利のチカラは弱まります。

複利のチカラは運用益(元本 + 利益)が大きければ大きいほど、効果を発揮します。

複利の効果は大きい

複利のチカラは、元本が大きく、投資期間が長く、利率が良い ほど

複利効果により得られるリターン(利益)は大きくなります。

銀行の預金金利以上の資産運用を!

複利10%、複利20%の資産運用はあくまでも目標です。

仮に株式投資における資産運用が複利1%だったとしても、銀行預金の0.01%よりも高い利率で資産が運用出来れば、銀行預金よりも資産を増やせるというわけです(  ̄∇ ̄)

参考までに、おじいちゃん世代には金利が約5%ありました。
金利が5%あると10年間で増える資産は「1,886,684円」になります。

一昔前は貯金が資産形成に有効でしたが、現在は貯金ではほとんど資産は増えません!

ご自身の資金で複利を計算したい方は次の「複利の簡単計算フォーム」にて簡単に分かります。

目標は「銀行金利よりも高い資産運用」。大目標は年利20%の運用です!

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン

3/31(金)まで!

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

3/31(金)まで!

ライブスター証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


サイト内検索 powered by Google