むさし証券-その他の証券会社

業界最低水準の手数料 むさし証券

そしあす証券と武蔵証券が合併

証券会社名 むさし証券
口座開設料 無料
自動注文 指値など
目的別 手数料が安い
特徴 手数料が安い証券会社

トレジャーネットの紹介

むさし証券」は創業98年の老舗の証券会社です。※2017.3 時点

2010年5月6日に「そしあす証券」と「武蔵証券」は合併しています。

こちらでは、むさし証券のインターネット取引「トレジャーネット」を紹介しています。

取扱手数料が業界最低水準

「トレジャーネット」の取扱手数料は、業界最低水準の手数料の安さです。
約定代金10万円以下の手数料はわずか75円(税抜)です。

2016/11/21に「トレジャーネット」の「現物取引」「信用取引」それぞれの取引手数料が見直されました。

元々 取引手数料は業界最低水準でしたが、さらに安くなりました!

取引プランは毎日変更が可能

むさし証券(トレジャーネット)では2つの取引プランを用意しています。

  • 1取引ごとの約定金額による「トレジャースタンダード」
  • 1日の約定金額による「トレジャーボックス」

こちらの手数料体系は1日ごとに変更が可能なので、普段はトレジャースタンダード、1日中 取引を楽しむときはトレジャーボックス・・・と目的に応じて選択可能です。

スマートフォン、タブレットにも対応

スマートフォンやタブレットでどこでも株価をリアルタイムで確認可能です。
操作で不安な点は電話やメールにて確認することも可能です。

信用金利が低い

信用取引を行う際に気にしたいのが「金利」です。

2016.12.1時点

  • 「制度信用 買方金利」・・・1.35%
  • 「制度信用 売方金利」・・・0.00%
  • 「一般信用 買方金利」・・・2.35%
  • 「貸株料」・・・・・・・・・1.15%

むさし証券(トレジャーネット)では信用金利も業界最低水準です。

IPOの抽選参加も可能

むさし証券は、IPOの取扱もそこそこあります。
人気のあるIPO銘柄は初値が募集された公開価格の数倍になることもあります。

2015年に承認されたIPOは92社。
その中で「13社」のIPOを取り扱っています。(全体の14%)

ネット分は「公平抽選」になりますので、当選確率は資金量に左右されません。

申込み画面の記入例です。入力に迷う箇所のみ記載しています。
参考にしながら入力出来るように、別画面で開きます。 ⇒ 「むさし証券」 の記入例

▼ 公式サイトはこちら

むさし証券(トレジャーネット)

業界最低水準の手数料の安さです

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン

5/31(水)まで!

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

6/30(金)まで!

ライブスター証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


6/30(金)まで!岡三オンライン証券」さんと「現金 5,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。
岡三オンライン証券とのお得なタイアップキャンペーン

サイト内検索 powered by Google