割安株投資

割安株投資とは、指標において割安な株を購入しようといった投資法です。

割安株

この割安株投資の発展系がバリュー投資法となります。

企業の割安度を測る指標としては、PERPBRなどが挙げられます。


PER:10倍~15倍以下、PBR:1倍~2倍以下

また、それらに近いものが割安株といえます。

割安株を購入するメリットとしては、全体的な相場の下落時にでも下値は限定的だということです。また、割安感から投資家の買いが集まりやすいのがメリットとして挙げられます。

割安感が高ければ高いほど、その上昇率、リターンを得る機会は増えるというわけです。

どうやって割安株を見つけるの?

割安株を探す方法の一つとして、各証券会社が用意している「スクリーニング機能」を利用する方法があります。

スクリーニングとは、数ある企業の中からこちらが指定した条件に当てはまる銘柄を抽出する方法です。

割安株を探す場合にもPER15倍以下、PBR1倍以下・・・・などと条件を当てはめることにより銘柄を探し出すことができます。

当然ながら、条件を厳しくすればするほど、スクリーニングで抽出される対象銘柄は減っていきます。

また、スクリーニングで銘柄を見つけた後は、マネックス証券で無料で利用できる「IFISスコア」でカンタンに企業を分析することも可能です。

割安なのには理由がある

割安の理由をしっかりと見極めましょう。

  1. 業績が良いのに市場に注目されずに(買いが集まらずに)「割安」
  2. 業績が悪く、倒産の危険性もあり買われないために「割安」

どちらも割安ですが、意味がまったく違います。
当然、狙うのは「1」で「2」は買ってはいけません。

上へ戻る

カブスル限定のお得な口座開設タイアップ企画を行っています。