ローソク足の基本形を勉強しよう

ローソク足のタイプから相場の強さを読み取ろう

ローソク足は株価の流れを棒状のものであらわしたものですが、その棒の長さやヒゲの長さ、形からさまざまな意味合いが予想されます。
こちらではその陽線、陰線の基本形をご紹介致します。

陽線・陰線の基本形


* 陽線・・・強い上昇 陽線の基本形
陰線・・・強い下落 陰線の基本形

* 陽線・・・かなり力強い上昇 別名:日の丸坊主
陰線・・・かなり力強い下落 別名:陰の丸坊主

* 陽線・・・かなり強い上昇 別名:陽の大引け坊主
陰線・・・かなり強い下落 別名:陰の大引け坊主

* 陽線・・・少し弱い上昇 別名:陽の寄付き坊主
陰線・・・少し弱い下落 別名:陰の寄付き坊主

* 陽線・・・上昇しているがどっちつかずの状態 別名:コマ
陰線・・・下落しているがどっちつかずの状態 別名:コマ

* 陽線・・・場中で下落したが買い強く上昇 別名:下ヒゲ陽線
陰線・・・場中で上昇したが売りが強く下落 別名:上ヒゲ陰線

* 陽線・・・場中で上昇したが売りが強い状態 別名:上ヒゲ陽線
陰線・・・場中で下落したが買いが強い状態 別名:下ヒゲ陰線

これらのものがひとつひとつ集まりチャートとなって株価の流れを読むことができます。

スポンサーリンク

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。