初心者でも分かる3つの計算書まとめ

3つの計算書についての簡単なまとめです。

決算書 何が分かるか?
貸借対照表
(バランスシート)
企業の「財務状況」が分かる。
お金がどこから入ってどのように出ていくのかが把握できる。
損益計算書 企業の「儲け」が分かる。
利益の推移により企業の成長度が把握できる。
キャッシュフロー計算書 企業の「現金の増減」が分かる。
営業によるものか、借入金なのか、現金の質が把握できる。

3つの決算書はそれぞれ特徴があり、損益計算書を見て分からないことはキャッシュフロー計算書を見て・・・と、お互いに足りない情報を補完しあっています。

3つの決算書を見て企業の経営状態を読み解きましょう!

決算書について、多少は概要が分って頂けましたでしょうか?

当サイトでは細かいことは省いてザックリとした説明となっています。

もう少し詳しく知りたい場合は掲示板やお問い合わせでご連絡頂ければ、説明のボリュームを増やしたいと思います。本格的に決算書を読み解きたい方は書籍などを購入して勉強してください。

また、決算書は読みたくないなぁという方は、次項目の「やっぱり無理だ!という方へ」を参考にしてください。

便利な時代になったもので、無料で企業の評価を知ることができます。

スポンサーリンク

こちらの記事は、株式投資歴15年の運営者が執筆しています。
元手20万円、投資実績は2018年末で+1220万2,237円。初心者にも分かりやすい記事を心がけています。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。