NISAの非課税枠とは?

NISAには「非課税枠」という概念があり、これが初心者に分かりづらい仕組みとなっています。

文字通り「非課税」の対象となる「投資枠」になり、NISA口座を開設することで非課税枠を利用できます。

利用といっても、NISA口座で株や投資信託を購入(買付)するだけです。

非課税枠の概要

非課税枠を「イメージ」として言葉で表すと下記になります。

  • NISA口座は1つの非課税枠が1年ごとにもらえます。(2023年まで)
  • 1つの非課税枠で120万円まで、対象の金融商品を購入できます。
    (2014年~2015年は上限100万円)
  • 非課税枠の有効期限は5年間。
  • 非課税枠は繰り越しできません。(利用しなかった分は消滅)

言葉だけでは分かりづらいので、イラストを交えて「非課税枠」の説明をします。

1つの非課税枠で120万円までの投資が可能

非課税枠の上限は120万円です。

1つの非課税枠で120万円までの投資が可能

非課税枠はその年の12月末まで購入できます。(12月は権利確定日に注意)

売却は5年間、いつでもできます。

2014年と2015年は上限100万円でした。

分散して購入するのも可能

非課税枠は、合計120万円以内ならどんな買い方をしてもOKです。

一回で120万円分を購入してもよいですし、一回目に80万円分、二回目に10万円分、三回目に30万円分と複数の銘柄を分割して購入してもOKです。

分散して購入するのも可能

また、国内株式を60万円分、外国株式を40万円分、投資信託を20万円分というように、金融商品を織り交ぜて購入することも可能です。

金融商品を変えて購入するのも可能

120万円を超えるものは購入できない

NISA口座では 120万円を超えるものは購入できません

NISA口座では120万円を超えるものは購入できない

分割購入でも同様です。
一回目に100万円分を購入した場合、二回目以降に20万円を超えるものは購入できません。

分割でも120万円を超えると購入できない

利用した非課税枠は再利用不可

利用した非課税枠は 再利用ができません。(使い切りのイメージ)

たとえば、120万円の銘柄を1つ購入し売却すればその非課税枠は終了となります。

利用した非課税枠は再利用不可

上記のイラストの場合、80万円分の株を売却して空いた箇所に、追加で80万円分の枠の再利用(再購入)はできません。

使った枠は売っても復活しないので、短期売買に向いていません。

毎年120万円の非課税枠が追加される

毎年120万円の非課税枠が追加されます。

毎年120万円の非課税枠が追加される

参考までに

2014年から2023年までの10年間 非課税枠が毎年追加されます。

利用しなかった非課税枠は繰り越しできない

利用しなかった非課税枠は翌年以降に繰り越せません

利用しなかった非課税枠は消滅します。

利用しなかった非課税枠は移行できない

上記のイラストの例だと、利用しなかった40万円分の非課税枠の空き枠を翌年以降に利用できません。

非課税枠の期間は5年間。その後は売却するか、他の非課税枠へ移行する

1つの非課税枠の期間は最長5年間です。(5年目の年末まで)

5年経った後は、下記のいずれかを選択する必要があります。

  1. 期限前に売却する
  2. 課税口座(特定口座/一般口座)へ移す
  3. 他の新たな非課税枠へ移行する(ロールオーバー)
非課税枠の期間は5年間。その後は売却するか、他の非課税枠へ移行する

「3」のロールオーバーに上限金額はなく、上限額120万円を超えていても、全額をロールオーバーすることができます。

1人あたり最大で1,160万円の非課税枠を利用

NISAは、1人あたり最大で1,160万円の非課税枠を利用することができます。

夫婦二人で利用するなら、最大で2,320万円の非課税枠を利用出来ます。

NISA口座の口座開設条件は「20歳以上で日本在住であること」ですので、お子様が20歳以上だったり、おじいちゃんなどもNISA口座を利用される場合、1家族あたり 「20歳以上の人数 × 1,160万円」の非課税枠を運用することができます。

NISA制度の非課税枠は ややこしい!

NISA制度の「非課税枠」の説明をしましたが、制度について理解できましたでしょうか?

やや仕組みがややこしいので、特に初心者の方には分かりづらかったかと思います。

私が初心者は無理してNISAを利用しなくてよいと説明したのは、このように非課税枠の仕組みが少しややこしいからです。

NISAはメリットばかり強調されますが、デメリットもありますので、天秤にかけて利用するかどうか検討してみてください。

カブスルは、マネックス証券でNISA口座を開設しています。つみたてNISAも利用可能。

上へ戻る

カブスル限定のお得な口座開設タイアップ企画を行っています。