サブプライムローンとは?

サブプライムローンの信用不安を発端としてNY市場や日本市場の相場は軟調に。
その、発端となったサブプライムローンとは何なのか?をこちらで簡単にご説明いたします。

サブプライムローンとは?

アメリカにおける 「信用度の低い借り手への融資」 のことを指します。

信用度が低い人に貸すので金利は高くなります。
貸した金が返ってこないリスクもあるので当然ですね。

日本で言えば「高利貸し」の消費者金融みたいなものでしょうか。

信用不安になった理由は?

今回、問題になっているのはサブプライムローンを利用している住宅ローンです。

信用が低いので「土地」を担保として資金を借りていました。
資金を回収できなくても土地を売却すればある程度の回収ができていた為です。

ところが、順調に上がっていた住宅価格の上昇が止まり、サブプライムローンを利用した住宅ローンの返済ができなくなってしまう人が増えてきました。

サブプライムローンの債権を商品化した金融商品がありましたが、 「回収する予定のものが回収できない」 ことにより、上記の金融商品の価格が下落し、投資していたファンドや金融機関が多大な損失を出したり破綻したりしました。

他の金融機関やファンドまで損失を出しているのではないか?という不安が投資家の間で広がっていったのが今回の信用不安となります。

なぜ市場に影響を与えたのか?

サブプライムローンの債権はさまざまな金融商品に組み込まれています

対象の金融商品を購入している企業や個人がサブプライムローン問題を嫌気し、対象金融商品の売却をはじめた為だと言われています。

アナリストにより、こちらの問題は「短期化」「長期化」と意見が分かれます。
つまり、結局は自分の投資判断で見極めるしかないようです。

スポンサーリンク

こちらの記事は、株式投資歴15年の運営者が執筆しています。
元手20万円、投資実績は2018年末で+1220万2,237円。初心者にも分かりやすい記事を心がけています。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。