個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の紹介

iDeCo(イデコ)の紹介ページはちょっと趣向を変えまして、サイト紹介を行って頂いた「おねぇ」の「ふくすけ さん」による紹介となります。(固い内容なので、おねぇ文章が読みやすいと思いました)
カブスルは iDeCo(イデコ)の紹介内容について、コメントや補足を入れてます。

ふくすけ

ど~もぉ♪

あらごめんなさい。自己紹介が遅れました。好きなタイプは豪栄道
あたし、ふくすけよ♪

最近 犬を飼いたくて、休みの日は専らペットショップ巡りよ♪

いま、あたし副業をはじめようって考えてるの。
だって今の世の中 何があるかわからないじゃない?
会社だって いつどうなるかわからないし。
国も副業を推奨しつつあるわ。


年金なんかもあてにできないから、今のうちに準備しなくっちゃ♪
のんきに考えてたら、もうあっという間に老後よ!!

iDeCo(イデコ)とは?

それと、みんな iDeCo(イデコ) って知ってる?

個人型 確定拠出年金ってやつ。

なんか、ちょっと調べてみたんだけど。
ものすごくざっくりいうとね。

『自分の老後は自分でなんとかしていこうぜ!!』ってことなの。

当たり前すぎて、なんか、かゆいわ!!

あたし達がいま払ってる年金ってあるじゃない?

20歳以上はみんな加入しなきゃいけない国民年金。
それからサラリーマンなら厚生年金や会社によっては企業年金。

おかま年金なんてないから、つくっちゃえばいいのに。払わないけど

これとは別に、さらに老後のための備えのための年金 ← こいつが「イデコ」よ。

この年金ちゃんたちは支払ったら、それが何に使われてるのかよくわかんないじゃない? というか、自分が定年後にいくらもらえるかってことしか興味ないわよね、普通。

調べれば出てくるんだろうけど。わざわざ調べて、『この年金はこれこれに使われてて、運用益が・・』なんていう人いないでしょ? どっかのジャーナリストぐらいよ

iDeCo(イデコ)は、自分で運用して、少しでも増やして老後に備えていきましょうってことなのね。
なんつーか、保険会社の年金保険や学資なんかと性質は似てるわね。

ワンポイント

- iDeCo(イデコ)とは? - (カブスル補足)

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)についてカンタンに紹介すると「将来の老後資金を自分の意志で積み立てられ、節税対策にもなる制度」です。

「iDeCo(イデコ)」は愛称になります。これまでは「個人型401k」と呼ばれていました。

個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)の特徴

  • 掛金は5,000円から~
    月々の上限は国民年金第一号の第一号被保険者で68,000円、第二号で23,000円
     ⇒ この掛金が全額所得控除になり、所得税住民税が軽減されます。
  • 運用商品は自己責任で選択する(損失が出る場合もある)
  • 加入資格は日本国内に居住している20歳以上60歳未満の自営業者とその家族など

参考までに

iDeCo(イデコ)についての詳しい説明は下記にてご確認ください。

将来、足りなくなるかもしれない老後資金を 自身の運用で賄おうというものです。
また、国も制度を後押しをしているため、節税対策にもなります。

老後資金の確保&節税ということで、活用できればとってもお得な制度になります。

次項では、iDeCo(イデコ)の優秀な節税制度(税金対策)について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。