ホニャララPayはどこが生き残る?日経トレンドのセミナーまとめ

2019年7月18日~19日に札幌市で行われた、デジタルイノベーション2019。

デジタルイノベーション2019

デジタル革命の最前線を体感できる唯一の全国ツアーイベントです。

各企業のブースが出店してあり、時間ごとにセミナーも各会場にて行われています。

わたしも下記のセミナーなどに出席しました。

キャッシュレス決済に関するセミナーだったんですが、その説明上 ホニャララPayに関する説明も多く、面白かったので紹介したいと思います。(高田氏は4年間 取材しており詳しい)

ホニャララPayとは?

しょっぱなからすみませんが、わたしがテキトーにそう呼んでいます。(高田氏は言ってません)

世の中にある〇〇Payを総称して、ホニャララPayとしました。
ホニャララ達はこちら。

  • PayPay(ペイペイ)
  • 楽天ペイ
  • LINE Pay
  • メルペイ
  • d払い
  • au Pay
  • 7pay(セブンペイ)
  • ファミペイ
  • ゆうちょPay
  • Origami Pay(オリガミペイ)
  • atone(アトネ)
  • QUICPay(クイックペイ)
  • Amazon Pay
  • Apple Pay
  • Google Pay

ホニャララPay…非常に多いですよね。

各社 生き残りをかけて、お得な割引合戦やサービスの拡充を図っています。

どこが生き残るのか?は気になるところですが、後ほど、こちらの分野にお詳しい高田氏による「生き残るのは三大陣営 + その他」について紹介したいと思います。

わたしはPayPayのみ利用しています。
以前はLINE Payも利用していました。

キャッシュレス派のデータと事例

ちなみに、ここからはカブスルの記憶とつたないメモによる紹介になります。
多少、違っている場合もあるかもしれませんので、ご容赦を。

セミナーの結論からいうと、キャッシュレス対応は集客に非常に有効です。

JCBの調査によると、キャッシュレス派は現金しか使えなかった店に、2人に1人は再訪問しないそうです。

つまり、キャッシュレス非対応だとキャッシュレス派の再訪問を50%の確率で逃がしています。

電通の調査では前向きなアンケート結果に

2019年10月1日~2020年6月末まで、支払い時にキャッシュレスを利用すると、5%が還元される予定です。

電通がこちらに関して、使ってみたいか?のアンケートをとったところ、7割の人が使いたいと答えたそうです。

また、使いたいと答えた人に対して、5%還元終了後も使うか?と追加質問したところ、8割の人が使いたいと答えたそうです。

つまり、上記の還元施策には継続性があり、政府が2025年までにキャッシュレス比率を4割に引き上げたいと考えていますが、施策としては有効です。

PayPay祭りでは、ビックカメラがヨドバシ派の取り込みに成功

2018年12月に行われた「100億円あげちゃうキャンペーン」で話題となったPayPay祭り。

100億円あげちゃうキャンペーン

ビックカメラでは、PayPayによる支払い対応を同日にしていました。

PayPay祭りのおかげで、前年同月比で23.4%という驚異の売り上げ増に!

ヨドバシカメラは当時、PayPayを支払いの決済として導入しておらず…。

ヨドバシ派の取り込みに成功したと、高田氏が担当者から聞いたようです。

いち早く、PayPayの決済手段を導入したビックカメラの施策が成功しました。

参考までに

PayPay祭りの時にもうひとつ話題となったのが、セキュリティの甘さ。

これ以降、PayPayの規約に不正利用に関する内容が明記されたようです。

高田氏は、ほかのホニャララPayの不正利用時の内容も確認。すると…

各社の補償範囲はバラバラであり、中には不正利用に関する内容が全くないものもあったようです。(dペイなど)

もし、店舗側としてホニャララPayを導入する際は、不正利用時の対応も見た方がいいとおっしゃっていました。

ホニャララPayで生き残るのは、三大陣営 + その他

ホニャララPayは覇権を争う戦国時代。
どこが生き残るのか?は注目の的ですよね。

個人的には、ポイントによる囲い込みが成功している楽天Payが一番強いと思っていましたが、専門家である高田氏のお話が面白かったので紹介します。

「ホニャララPayで生き残るのは、三大陣営 + その他」

  • 第一陣営:LINEPay、メルPay、d払い
  • 第二陣営:PayPay
  • 第三陣営:楽天Pay
  • その他

各陣営の強みについて、つたない記憶の中から紹介します。

第一陣営:LINEPay、メルPay、d払いはタッグが強み

Payでいえば新興勢力。
企業のカベをこえたタッグが強みです。

1つのQRコードで各社の決済が可能になる「MoPA」を提供しています。

タッグを組むことにより、営業開拓もスムーズになります。
LINEの営業で獲得した顧客はメルカリでも、メルカリで獲得した顧客はドコモでも利用できます。

高田氏の見立てでは100万店行くんでは?とおっしゃっていました。

デジタルガレージの電子決済 Cloud Payを利用し各種対応するようです。

第二陣営:PayPayはゼロとプッシュ通知で攻める

PayPayは光ファイバーが流行ったころ、モデムを配りまくり契約数を劇的に伸ばしました。

それと同じような方法をとって、契約数を伸ばしているようです。

  • 全国20箇所。数千人の営業部隊。
  • 決済手数料ゼロ。
  • 初期導入費用ゼロ。

高田氏の取材時点で60万箇所にPayPayの加盟店が!
また、日々 どんどん増えているようです。

PayPayは店舗数だけが強みじゃありません。

小売店がユーザーにクーポンなどを提供できる、プッシュ通知機能を開発中です。

しかも加盟店の利用料は無料

加入時の負担がゼロで、また利用に関しても無料であることから、加盟店が加入しやすい仕組みになっています。

今後は、オンラインも攻める予定でO2O、フリマ、モールなど、アプリも提供予定です。

スタート当時の不正利用事件を受けて、不正利用時の補償に関してもしっかり明記されています。

第三陣営:楽天Payは経済圏が強い

楽天Pay

楽天Payは、楽天市場など楽天経済圏からの送客が強みです。

決済手数料はPayPayとは裏腹に、3パーセントと強気です。

JR東日本と提携。楽天Payのアプリ内でSuicaの発行が可能となりました。(QRコードと電子マネーの結合)

これにより、通勤から買い物までひとつのアプリで対応可能です。

その他

Origami Payは信金とタッグを組み、信金が営業部隊となっているようです。

また、JCBが音頭をとって「スマートコード」と呼ばれる統一のQRコード決済を用意しています。

ホニャララPayのダークホースは後払い!

後払いできる ホニャララPayがいくつかあるようです。

  • atone(アトネ):最大5万円
  • メルPay:1万円
  • アラタナ(ZOZO):上限2万円

後払いシステムは、20代~40代から支持されています。

次の話が個人的に面白かったのですが、キャッシュレス決済は女性が恐怖心を持っているそうです。

なんでも、その場でスグに銀行から落ちるのが怖いらしく、後払いの方が安心するようです。

  • クレジットカード払い
    現時点でいくら使っているのか分からない…。支払いが怖い…
  • 後払い
    現時点でいくら使っているか分かる。上限金額の設定もできる。

個人的にはチョット分かります。
わたしもクレジットカードや銀行と連動させるの嫌です。

ホニャララPayの後払いは店頭で審査をうける信販と似ている仕組みですが、信販は店頭で30分くらい時間がかかるのに対し、ホニャララPayは数分で審査が終わります。

なお、ZOZOのアラタナの審査は名前や住所いらずで、電話番号だけで審査するようです。(仕組みは企業秘密らしい)

参考までに

セミナーで紹介していた導入事例です。
店舗名までおっしゃってましたが、メモしていません。

  • 美容室
    35%が後払い。現金やめたが、客足変わらず。
  • 古着ショップ
    新規顧客増、売上アップ!
  • アニメショップ とらのあな
    平均単価が通常の三倍である一万円超に。

店舗のキャッシュレス化は事前決済に注目!

店舗のキャッシュレス化で今後注目しているのは、事前決済だそうです。

すき家では、事前決済がすでに始まっています。

  1. 来店前にメニュー選ぶ。
  2. 到着後に決済。
  3. 牛丼が運ばれてくる頃には決済済み。

顧客はアプリの事前決済で、食べてすぐに帰れます

すき家では、従業員の人手が足りていない場合もあり、注文を頼む・会計する際に時間がかかるデメリットがなくなります。

一方、お店側も顧客が注文から決済までやってくれますので、業務の負担が減ります。

事前決済は、店側の負担を減らせ、客の回転率も上がる注目のシステムだそうです。

ホニャララPayは、結局どこを使えばいい?

数あるホニャララPay。
選ぶポイントはコチラです。

  1. 生き残るか?
  2. 利用できる店舗は多いか?
  3. 貯めたポイントの利用法は?

「1」は、淘汰されるPayを使ったところで無駄足です。

「2」は、決済に利用できるのに対象店舗がないと、利用する機会がありません。

「3」は、貯めたポイントを利用する方法が便利じゃないと、貯めたポイントに価値がありません。

個人的にこれらを勘案すると・・・

PayPayが一番オススメかなと思います。

  1. 生き残るか?
    資本は大きく、間違いなく生き残ります。
  2. 利用できる店舗は多いか?
    端末を無料で配布、手数料もタダ。
    営業部隊にも力を入れており、北海道では道の駅や移動販売車でもPayPayを利用する機会があります。広島ではお好み焼き村がPayPayのマークだらけに。
  3. 貯めたポイントの利用法は?
    貯めたポイントから勝手に消費される仕組みです。
    ほかのポイントに交換などの手間なし!

ちなみに、PayPayは不正利用時の補償内容も充実しています。

また、資本力を活かしてうつキャンペーンもかなり大掛かりなものが多いです。(●億円還元など)


キャッシュレスの話はとても面白く、今後は日経クロストレンドでチェックしようと思います。

スポンサーリンク

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。