ロボアドバイザーの紹介

2017年に入り、よく耳にするようになった「ロボアドバイザー」

言葉の響きから ロボットが何かするのは分かる気がしますが、具体的には・・・

ワンポイント

  • 「ロボット」が「投資のアドバイスをする」 ⇒ 投資プランを立てる!
  • 「ロボット」に「資産運用を一任をする」 ⇒ 資産運用をお任せ!

上記2つを組み合わせたロボットアドバイザーが台頭してきています。

まだ、良く分からないですよね?詳しく見ていきましょう~。

ロボアドバイザーとは?

「ロボアドバイザー」は通称で「ロボアド」とも呼ばれます。

証券マンなどに代わり ロボットが投資のアドバイスや資産運用を行います。

ロボット・・・という言葉の響きはやや古い感じがしますが、ロボットとは下記のことです。

  • コンピュータープログラム
    「年齢」や「投資経験はどのくらいあるか?」「利益重視 or 安定性重視」などのカンタンな項目を選択して行く事でゴールが決まっているチャート式。
    ⇒ アドバイス型に採用。
  • AI(人工知能)
    対象者の希望する投資方針や膨大なデータを考慮し、選択肢を判断していく。
    保有銘柄を状況により組み替えるリバランスも。
    ⇒ 投資を一任する資産運用型に最適で どんどん進化中!

参考までに

証券マン(営業マン)が行うアドバイスも担当者の金融知識と これまでの業務経験から投資のアドバイスを行っています。

ロボットには同様に金融知識と業務経験をインプットしますので、アドバイス的には人が行うのとそれほど変わらないと思います。(良い意味でも悪い意味でも機械的)

ロボアドバイザーのメリット

ロボアドバイザーのメリットはこちらになります。

ワンポイント

  • 少額から購入が可能
  • 手数料が安い
  • 自動で資産をリバランス
  • ネット環境があれば自宅でできる
  • 人付き合いがいらない(気を遣わないで売買ができる)
  • 良い意味で機械的(感情が入らず冷静な判断)

ロボアドバイザーのデメリット

ロボアドバイザーのデメリットはこちらになります。

  • 世界市況の変動などによる より細かい(高度な)投資判断はできない
  • 担当者(人)からの助言が聞けない
  • 悪い意味で機械的(きめ細やかなアドバイスなどがない)

参考までに

ちなみに、損失についてはデメリットにしていません。

損失が出るかどうかについては、プロの証券マンが行おうがロボットが行おうが「投資」である以上、どちらでもリスクは必ずありますので、デメリットには入れておりません。

ロボアドバイザーのサービス比較

管理人が注目しているアドバイスと投資一任がセットになっているロボアドバイザーの比較です。
※後日、どれか試しにやってみるかもしれません。

参考までに

リバランスとは、投資商品の組換えになります。
ロボアドバイザーを選ぶ上で、リバランス機能が優れている方が魅力的かと思います。

2018年7月27日時点での比較です。

サービス名 特徴
Wealthnavi
(ウェルスナビ)

ウェルスナビ

利用金額は10万円から(期間中)。

世界水準の金融アルゴリズムを提供し、投資経験者に選ばれているロボアドバイザー。

投資の学習、投資商品の選定、資産配分、運用、リバランス(年2回以上)、すべてロボアドバイザーにおまかせ。

リバランス機能付き自動積立(特許取得)

クロス売買により含み損を実現させ税金を繰り延べ(特許取得)

SBI証券との連携も行っており、SBI証券から購入ができます。

THEO
(テオ)

THEO

利用金額は1万円から。

5つの質問からあなたに最適なポートフォリオを診断。
あなたに代わってETFの買い付けを実施し、証券口座上に実際にポートフォリオを構築します。

ETFによるインデックス運用を行います。

SBI証券との連携も行っており、SBI証券から購入ができます。

マネラップ
(MSV LIFE)

マネラップ

利用金額は1,000円から。

マネックス証券のラップ口座です。

1,000円以上 1,000円単位で利用可能なので 非常に敷居が低いのが特徴です。

また、実質コストも年間1%未満を目指しているようです。

体験コンサルティングでは無料にて資産計画づくりが試せます。
投資対象は国内外のETFとなります。

楽ラップ

楽ラップ

利用金額は10万円から。

楽天証券のラップ口座です。

契約の一部には、急激な相場変動が起こると、緊急的なリスク回避プラン(下落ショック軽減機能)が発動し、運用資産のリスクを可能な限り下げる契約もあります。

中でも、Wealthnaviが提供しているサービスには特許を取得したオリジナル技術があり、節税も自動化している点はお見事だと思います。

ロボアドバイザーが出てきた背景

ロボアドバイザーはアメリカで拡大しているサービスで、日本でも2016年後半頃から次々とサービスが出てきています。

米国のロボアドバイザーは2016年末に20兆円規模、2020年末に220兆円規模になると予測。

ロボアドバイザーが出てきた背景には「人件費のコストカット」という側面があります。
人に代わり、ロボットが人と同じような投資アドバイスを行う事により、人件費を省くことができるというわけです。

選択肢の幅が広がった!

ロボアドバイザーの登場により、投資家の選択肢の幅は広がりました。

  • 自分で運用する ⇒ 個人的には経験の積み重ねができるのでオススメです。参考ページ
  • 証券マンに任せて運用する ⇒ 投資信託
  • ロボットに任せて運用する ⇒ ロボアドバイザー

個人的には、自分で考えて投資を行う方が楽しいですが、銘柄を選ぶ時間がない方や資産運用そのものをお任せしたい方にとっては ロボアドバイザーも便利なサービスかと思います。

投資家の選択肢が増えたことは 資産運用の選択の幅が広がり とても良いことだと思います。

姉妹サイト

ロボアドをさらに詳しく紹介している姉妹サイト「ロボアドではじめるAI投資」もご利用ください。

ロボアドのメリットやデメリット、ロボアドの選び方などを詳しく紹介しています。

「ロボアドバイザー」は「ロボット」が「あなたの代わりに資産運用」を行います。

スポンサーリンク

こちらの記事は、株式投資歴15年の運営者が執筆しています。
元手20万円、投資実績は2018年末で+1220万2,237円。初心者にも分かりやすい記事を心がけています。

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
公平抽選の「IPO」
サポート体制も高評価

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に11度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
公平抽選の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

岡三オンラインとのお得なタイアップキャンペーン

3/29(金)まで!

岡三オンライン証券現金2,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

2/28(木)まで!

ライブスター証券現金2,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


サイト内検索 powered by Google

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。