初心者の株式投資道場実践した金融商品株主優待のタダ取りとは?松屋の株主優待タダ取りにかかった手数料と損得ライン

松屋の株主優待タダ取りにかかった手数料と損得ライン

SBI証券にて「松屋」の株主優待タダ取りを行いました。

これから、株主優待のタダ取りを行う方の参考として、その際に かかった手数料と、「松屋」の株主優待をどの程度使えばお得なのか?を掲載していきたいと思います。

参考までに

松屋」の株主優待では、100株の保有で買物優待カード(10%割引)を頂けます。
(一部除外品あり。松屋グループの飲食店等も優待割引(5%割引)

ワンポイント

SBI証券の口座開設タイアップキャンペーン

SBI証券」と当サイトにて現金2,000円が頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

株主優待タダ取りも行いやすい証券会社ですので、株主優待タダ取りに興味がある方はこのお得な機会に口座開設を是非どうぞ(  ̄∇ ̄)


松屋の株主優待タダ取りにかかった手数料

先日、「松屋」の株主優待タダ取りを行った際に発生した手数料です。
一般的に呼ばれている「株主優待タダ取り」は、実際は「タダ」ではなく、手数料が発生します。

「SBI証券」にて発生する手数料

SBI証券」の優待タダ取りで発生した各手数料。

合計で松屋の株主優待タダ取りに発生した手数料は「392円」となりました。

松屋の株主優待をどの程度使えばお得なのか?

株主優待のタダ取りに発生した手数料が「392円」なので、株主優待で頂ける「買物優待カード(10%割引)」にて392円以上の割引があればお得になります。

ワンポイント

10%の割引がある買物優待カードなので・・・、

392円 ÷ 10% = 3,920円

松屋にて「3,920円以上のお買い物をすればお得」になります。

松屋での買い物はもちろんのこと、松屋グループの飲食店でも5%の割引を受けられます。
チョットした買い物に利用するだけで、カンタンに元はとれそうですね(  ̄∇ ̄)

松屋の株主優待タダ取りの参考にしてみて下さい。

スポンサード リンク

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン

11/30(木)まで!

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

12/31(日)まで!

ライブスター証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


12/31(日)まで!岡三オンライン証券」さんと「現金 5,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。
岡三オンライン証券とのお得なタイアップキャンペーン

サイト内検索 powered by Google

  • 本サイト「初心者の株式投資道場」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。各金融機関の最新情報については各Webサイトにてご確認下さい。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 「初心者の株式投資道場」における無断の複製・コピーを一切禁止致します。サイト内へのリンクは全てリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問やWebサイト内の説明に対する質問やご要望は「お問合せフォーム」より お気軽にどうぞ。