「NISA」とは「ニーサ」と読み「投資で得た儲け」を「非課税」にする制度

NISA(ニーサ)とは?

「NISA」は、「ニーサ」と読み、
2014年1月から始まった新しい制度「小額投資非課税制度」の愛称です。

最近、NISAのTVCMが多くなってきた事や、「NISA」という文字を新聞やマネー雑誌などで目にする機会が多くなり、「NISA(ニーサ)」という言葉を知っている方は多いかもしれません。
(※CMは剛力彩芽さんや野村證券による野村夫妻出演CMなど)

さて、「NISA(ニーサ)」が どういう制度か ごくごく簡単に説明すると、

「投資で得た儲け」 を 「非課税」 にしちゃいます!

という とっても有難い制度です (  ̄∇ ̄)

非課税とはどういうこと?

株式投資や投資信託の売買で得た「売却益」や、株式投資の「配当金」、投資信託の「分配金」には税金が20%発生します。※復興特別所得税が0.315%を除く

これまでの通常口座(特定口座/一般口座)では売却益(売買で得た利益)に税金がかかりますが、2014年より始まった「NISA口座を開設」し「NISA口座で売買」をして得た売却益に関しては、非課税の対象となり税金が発生しません

(例)A銘柄を100万円で購入。
株価が150万円になったので売却し、50万円の売却益を得た場合。

特定口座の場合
一般口座の場合
500,000円(売却益) × 20%(税率) = 10万円の税金が発生!
NISA口座の場合 税金は発生しません。
上記の口座と比べると10万円の節税に!

また、NISA口座では株主権利による「配当金」、投資信託の「分配金」も税金が発生しません。

ただし、配当金を非課税枠の対象にする為には「株式数比例配分方式」を選択しないと非課税になりませんのでご注意下さい。詳しくは下記にて。

配当金を非課税にする方法NISAのはじめ方

上記のようにNISA口座を利用すると、売却益が非課税の適用となり、節税となります。

また、1人あたり最大で1,000万円の非課税枠が利用出来ますので、工夫次第で大きな節税となります。これについては次項の「NISAの仕組み」で説明致します。

当サイトではNISAについて簡単に説明をしております。
残念ながら、見やすく、そして詳しく説明するにはページが足りません…。

NISAについてさらに詳しく知りたい方は、見やすく整理した姉妹サイトを立ち上げましたので、そちらも参考にしてみて下さい。

NISA(ニーサ)は株式投資や投資信託の売却益などが非課税になるお得な制度!

スポンサード リンク

初心者向きおすすめ証券会社

初心者向き証券会社一覧を見る

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」[ツイン指値」
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度8年連続第一位

楽天グループ
楽天証券

楽天証券

ディトレーダー向けツール
マーケットスピードで
スピーディーな取引を実現。

マネックス証券詳細 SBI証券詳細 楽天証券詳細
サイト内検索 powered by Google