TOPページSTEP4 重要な指標を覚えようNISAとは?NISA(ニーサ)の非課税枠って何?

NISA(ニーサ)の非課税枠って何?

NISAでは「非課税枠」という言葉が出てきます。

文字通り「非課税」の対象になる「枠」になります。
非課税枠は「NISA口座を開設」することで利用出来ます。

実際は利用といっても、NISA口座で株や投資信託を購入(買付)すれば利用したことになります。

非課税枠をイメージしてみましょう

非課税枠を「イメージ」として言葉で表すと下記になります。

  • NISA口座は1つの非課税枠が1年ごとにもらえます。(2023年まで)
  • その1つの枠には上限まで対象の金融商品を購入出来ます。
    (2014年~2015年は上限100万円、2016年~2023年は上限120万円)
  • その1つの枠の有効期限は5年間です。
  • 非課税枠は繰り越し出来ません。利用しなかった分は消滅します。

上記を踏まえた上で「非課税枠」の利用方法を見ていきたいと思います。

1つの非課税枠には最大で100万円まで購入が可能

1つの非課税枠には最大で100万円まで購入が可能

2016年度より非課税枠の上限は年間120万円になる予定です。

100万円までなら、分割して購入することも出来ます。

100万円までなら、分割して購入することも出来ます。

50万円の株、20万円分の投資信託、30万円分のETFなどの複数の金融商品の購入も可能です。
要は対象の金融商品の合計が100万円を超えなければOKです。

2016年度より非課税枠の上限は年間120万円になる予定です。

100万円を超える金融商品は購入出来ない

100万円を超える金融商品は購入出来ない

100万円を超える金融商品はNISA口座で購入出来ません。

2016年度より非課税枠の上限は年間120万円になる予定です。

利用した非課税枠は再利用出来ません

利用した非課税枠は再利用出来ません

非課税枠はいわば「使い切り」です。再利用は出来ません。

毎年、100万円の非課税枠が追加されます

毎年、100万円の非課税枠が追加されます

2016年度より非課税枠の上限は年間120万円になる予定です。

利用しなかった非課税枠は次年度に利用出来ない

利用しなかった非課税枠は次年度に利用出来ない

2014年(1年目)の非課税枠は2014年中しか購入出来ません。
2015年(2年目)になると2014年(1年目)の非課税枠で購入することは出来ません。

最長期間(5年)が経過した非課税枠はどうなる?

最長期間(5年)が経過した非課税枠はどうなる?

最長期間(5年)が経過した非課税枠は、上記の3つの中から選択することになります。

NISA制度の非課税枠についてご理解出来ましたでしょうか?

以上がNISA制度における「非課税枠」の説明です。

当サイトでは非課税枠について簡単にご説明しています。
ロールオーバーなど さらに詳しい説明につきましては、姉妹サイトの説明をご覧ください。

さて、これまでNISAのメリットをお伝えしてきましたが、次項では「NISAのデメリット」について説明させて頂きます。

NISAのはじめ方

NISAについて さらに詳しく説明したサイトを公開しました。

管理人おすすめの「NISAの活用法」や「NISA口座を選ぶポイント」、贈与と相性の良い「ジュニアNISA」について 当サイトより さらに詳しく紹介しています。

NISAの非課税枠の仕組みを覚えておきましょう

スポンサード リンク

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン

5/31(水)まで!

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

6/30(金)まで!

ライブスター証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


6/30(金)まで!岡三オンライン証券」さんと「現金 5,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。
岡三オンライン証券とのお得なタイアップキャンペーン

サイト内検索 powered by Google