円高・円安とは?

さて、いきなり質問です。
あなたは正しく理解出来ているでしょうか?

為替相場で 前日 1ドル=100円。本日 1ドル=90円になりました。

円高?円安?

これって円安?円高?


分からない人はいったん、円をドルに両替して一緒に考えてみましょう。

今、手元に9,000円あるとして・・・

  • 1ドル100円ならば  9,000円÷100円 =  90ドル
  • 1ドル 90円ならば  9,000円÷ 90円 = 100ドル

上記のように円をドルに両替できました。
円をドルにたくさん交換できたのは「1ドル= 90円」の時だから・・・

答えは・・・・そう 「円高」です。

「円の価値があがった」ので円高となります。

ちなみに、

  • 1ドル120円ならば  9,000円÷120円 = 75ドル

同じ9,000円を持っていても75ドルとしか交換できません。

つまり、上記とは逆で 「円の価値がさがった」ので円安となります。

まとめると、「円高・円安」とは、

  • 円高・・・「円の価値」 が 「他国の通貨」 より 「上がる」 こと
  • 円安・・・「円の価値」 が 「他国の通貨」 より 「下がる」 こと

円高の方が海外のものをお得に買える

購入しようとしているブランド品が100ドルで売っていたとします。これを円で買うには・・・

  • 1ドル100円ならば  100ドル×100円 = 10,000円が必要
  • 1ドル 90円ならば  100ドル× 90円 =  9,000円が必要

同じブランド品を買う場合、1ドル= 90円の方がお得に買えます。
よって、海外旅行に行かれる方や海外の商品を買う人は「円高」の方が安く買えるので円高になると喜びます。

株式投資への影響は?

こういった円高・円安の関係は、諸外国との「輸出入」に大きく関わってきます。日本は輸出入に大きく頼っている国ですので、円高・円安により経済の流れも変わってくるわけです。

日本は特に輸出産業が強い国ですので、円高が進むと経済の流れも悪くなります。

「円高」 が進むと・・・
輸出 「円」の価値が高くなる = 海外への販売価格が高くなる = 売りづらくなる(輸出減)
自動車関連などの輸出産業が苦戦する = 景気が悪くなる
輸入 海外から安く仕入れられるが、景気が悪くなることにより影響あり
旅行 「円」を海外通貨に替えるとトクをする = 海外旅行などが増えやすくなる
雇用 工場を海外に移転させる企業が増える = 雇用が減る
株価 株価は景気の悪化を懸念して下落傾向

上記の事などから「円高」よりも「円安」傾向の方が輸出がしやすくなり、経済の流れが良くなり景気も良くなるとされています。

次項では円安による株の影響について考えてみます。

円高・円安は日本の経済に大きく関わっています。

スポンサード リンク

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン

5/31(水)まで!

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

6/30(金)まで!

ライブスター証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


6/30(金)まで!岡三オンライン証券」さんと「現金 5,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。
岡三オンライン証券とのお得なタイアップキャンペーン

サイト内検索 powered by Google