自社株買いとは企業などが現在発行している自社の株式を市場から買い戻すこと

自社株買いとは?

「自社株買い」とは読んで字のごとく、上場企業が現在発行している

「自社の株式を市場から買い戻す」こと

です。

そもそも、上場企業が株式を発行している理由として、市場にて自社の株式を買ってもらい 経営資金などを得るために株式を上場しています。

では、 「何のために 自社の株式をわざわざ買っているのか?」というのを、こちらで説明させて頂きます。

自社株買いの目的

自社株買いの目的の中で、代表的なものを紹介させて頂きます。

株主への還元対策

利益余剰金などを使い、自社株買いを行います。

詳しくは下記にて書きますが、自社株買いは「株主への還元対策」となりますので、既存株主にとっては好材料のニュースとなります。

また、自社株買いを行う企業は「株主の事を考えている」とされ、人気もあります。

株主への還元対策を考えた場合、一般的に、自社の株式が割安であると考えれば「自社株買い」を行い、割高であると考えれば「配当金」による株主還元を行う企業が多いです。

ストックオプション(従業員持ち株制度)

ストックオプションに利用する株式を市場より取得する為に行います。

ストックオプションとは、自社の株を従業員で保有する「従業員持ち株制度」です。
自社株を一定の価格で購入することが出来ます。

株価が騰がると、保有している自分の利益も増えるので、従業員は自社株が騰がるよう、より一層業務に励みます。

敵対的買収の防衛策

自社株買いを行い、自社が保有する持ち株の比率を高め、敵対的買収を避けるために行う場合があります。 また、自社株買いは好材料であり、株価が上がるので、敵対的買収にかかる資金も膨らみ、買収を失敗しやすくするという効果もあります。

自社株買いによる投資家のメリット

自社株買いが行われると発行済株式の総数が減ります。
総数が減るので1株あたりの資産価値やROEが向上します。

よって既存の株主にとっては自社株買いは好材料となります。

(例1)純利益 1,000万円、発行済株式数 1,000株。

1,000万円÷1,000株 = 1万円 (1株あたり純利益)

(例2)自社株買いを500株行う ⇒ 純利益 1,000万円、発行済株式数 500株

1,000万円÷ 500株 = 2万円(1株あたり純利益)

上記は分かりやすくするための極端な例ですが、発行済株数が減った分、1株あたりの純利益は上がります。

投資家保護の観点から行っている自社株買いになりますので、自社株買いを定期的に行っている企業は投資家のことを考えていると捉えられ人気もあります。

自社株買いを行う企業は人気がある

自社株買いは上記で説明した通り「株主還元の対策」になりますので、投資家にとっては嬉しい対策になります。

定期的に自社株買いを行う代表的な企業に「キヤノン」があります。
自社の株価が高くなり過ぎていない限り、自社株買いを行っています。

また、自社の株式を「安い」と判断して購入するという事は、自社の将来の業績に関して自信を持っている(株価が騰がると見込んでいる)とも言えます。

投資家にとって、基本的な投資の判断は「将来性」になりますので、自社の将来性を信じている企業の株に人気が出るわけです(  ̄∇ ̄)

自社株買いは良く聞く言葉ですので概要だけでも覚えておきましょう(  ̄∇ ̄)

スポンサード リンク

初心者向きおすすめ証券会社

初心者向き証券会社一覧を見る

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」[ツイン指値」
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度8年連続第一位

楽天グループ
楽天証券

楽天証券

ディトレーダー向けツール
マーケットスピードで
スピーディーな取引を実現。

マネックス証券詳細 SBI証券詳細 楽天証券詳細
マネックス証券とのコラボキャンペーンをやっています
マネックス証券」さんと 12/31(水)まで「本」or「現金 3,000円」が頂けるコラボキャンペーンを行っています。
サイト内検索 powered by Google