機械受注とは各企業が「設備投資」として利用するための「機械」を「受注」した指数

PTSとは?

夜間取引が可能になります。

PTS」と英字で聞くと、分かりづらいかもしれませんが、
「夜間取引のシステム」と言われるとピンとくるかもしれません。
※PTSの取扱時間は拡大され、夜間以外でも現在は利用出来ます。

PTSとは各証券会社がもつ「私設取引システム」のことで、 Proprietary Trading Systemの頭文字をとってPTSとなります。

ざっくり説明すると、証券取引所が取り扱っている時間帯以外でも株式投資を行えるように、証券会社内で株の売買を行えるシステムです。

PTSの利用時間は?

通常、株式取引は各証券取引所において決められた時間に取引されています。

  前場 後場
東京証券取引所 9時〜11時30分 12時30分〜15時
大阪証券取引所 9時〜11時30分 12時30分〜15時10分
名古屋証券取引所 9時〜11時30分 12時30分〜15時30分
ジャスダック 9時〜11時30分 12時30分〜15時10分

各証券取引所において若干の取引時間に違いはあれど、午前に開かれる「前場」、午後の早い時間に行われる「後場」に分かれます。

では、PTSの行われる時間帯は?と言うと証券会社により違いますが、

SBI証券 8:20〜16:00
19:00〜23:59
24:30〜26:00 (現在停止中)

といった時間帯に株式の取引が行えます。
SBI証券」はリアルタイムに取引が出来るPTSシステム(株価変動)となっています。

※以前はマネックス証券やカブドットコム証券でもPTSがありましたがサービスが終了しました。
楽天証券はサービス休止中です。

PTSが相次いでサービス休止・停止になった背景については東北沖大震災も影響しています。
PTSサービス提供先であるSBIジャパンネクスト証券が節電の為、2011/3/14より運営を休止していました。

2012年1月にサービスが再開されましたが、サービスを休止のままにしたり、サービスをやめる証券会社があり、現在PTSを利用できるのはSBI証券だけとなっています。

PTSの特徴は?

PTSの特徴は主に2つあります。

  1. 証券取引所で取引する手数料より安い
  2. 証券取引所の取扱い時間外でも取引が出来る

証券取引所で取引する手数料より安い

東証などの証券取引所よりも私設PTSの取引手数料の方が安い場合が多いです。
※SBI証券の場合、約5%安いです。

同じ銘柄であれば、株価とを比較してPTSで買う方がお得な場合があります。

証券取引所の取扱い時間外でも取引が出来る

何と言ってもこちらがPTSの大きな魅力です。

SBI証券では朝の8:20からPTSを利用できるので、証券取引所が開く前から取引が行えます。

さらに、証券取引所が終わった時間帯でも取引が可能です。
SBI証券ではPTS内で23:59まで取引が行えます。

PTSは証券取引所の開始前、終了直後の「日中」や「夜間」にも取引が可能です。
何と言っても、日中に仕事をしているサラリーマンでも帰宅後に、リアルタイムで夜間に取引が出来るというのが、とても魅力的なシステムです。

PTSの注意点

PTSは各証券会社の私設取引システムです。
上場している全ての銘柄が取り扱えるわけではなく、決められた銘柄のみ取扱が可能です。

SBI証券 約3,500銘柄 (2013.4.27現在)

また、流動性(取引の活発度合い)においても 利用人数が多い各証券取引所よりは低くなります。

とはいえ、夜間などに取引できるPTSのシステムは、売買のチャンスが広がり重宝します。

良く聞く言葉ですので概要だけでも覚えておきましょうね

スポンサード リンク

初心者向きおすすめ証券会社

初心者向き証券会社一覧を見る

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」[ツイン指値」
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度8年連続第一位

楽天グループ
楽天証券

楽天証券

ディトレーダー向けツール
マーケットスピードで
スピーディーな取引を実現。

マネックス証券詳細 SBI証券詳細 楽天証券詳細
マネックス証券とのコラボキャンペーンをやっています
マネックス証券」さんと 12/31(水)まで「本」or「現金 3,000円」が頂けるコラボキャンペーンを行っています。
サイト内検索 powered by Google