NISA(ニーサ)のデメリットとは?

NISAにはこれまで説明させて頂いた通りのメリットもありますがデメリットもあります。

NISA口座のデメリットとはズバリ・・・

損益通算ができない事!

これがNISA口座最大のデメリットです。

損益通算とは?

「損益通算」・・・聞きなれない言葉ですよね。
簡単に説明すると、「利益」と「損失」 お互いで相殺しあうことです。

最初に結論から言いますが、

損益通算ができないと「節税」ができません!ヽ(*゚Д゚)ノガォー

特定口座内での取引による損益

(例1)
特定口座において、A銘柄で50万円の利益が発生。
特定口座において、B銘柄で30万円の損失が発生した場合。

特定口座内の損益は損益通算できます。

500,000円(利益) - 300,000円(損失) = 200,000円(利益)

利益には税金が発生しますので、
200,000円(利益) × 20%(税率) = 40,000円の税金が発生します。

特定口座とNISA口座における損益

(例1)
特定口座において、A銘柄で50万円の利益が発生。
NISA口座において、B銘柄で30万円の損失が発生した場合。

NISA口座の損失は損益通算できません。
つまり、なかったことになり、特定口座の利益にのみ税金が発生します。

500,000円(利益) × 20%(税率) = 100,000円の税金が発生します。

損益通算できないので支払う税金が高くなる場合がある

特定口座内の取引では損失を出しても利益と相殺され(損益通算)、支払う税金が少なくなりましたが、NISA口座の損失は特定口座や一般口座の利益と相殺されません(損益通算されない)。

よって、支払う税金が特定口座内のみでの運用に比べて高くなりました。
これが、NISA制度の最大のデメリットです。

なお、このNISA制度のデメリットに関しては、損益通算できるよう要望も出されています。損益通算ができるようになれば、もっと積極的活用することも可能になりますので、ぜひ 実現してほしいものですね~。

次項ではここまでのNISAのメリットとデメリットをまとめて「つまり、NISAというものは」という項目にて紹介したいと思います。

姉妹サイト

NISAのはじめ方

NISAについて さらに詳しく説明したサイトを公開しました。

管理人おすすめのNISAの活用法NISA口座を選ぶポイントについて さらに詳しく紹介しています。

NISA制度のデメリットは損益通算ができない事!

スポンサーリンク

こちらの記事は、株式投資歴15年の運営者が執筆しています。
元手20万円、投資実績は2018年末で+1220万2,237円。初心者にも分かりやすい記事を心がけています。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。