NISA(ニーサ)とは?

「NISA」は、2014年1月から始まった「小額投資非課税制度」の愛称です。

NISAをごく簡単に説明すると、

投資で得た儲けを非課税にするという、とっても有難い制度です (  ̄∇ ̄)

NISAのポイント。譲渡益・配当金などが非課税に。非課税投資額は毎年上限120万円まで。

ただし、デメリットもありますし、非課税枠という特殊なシステムもありますので、じっくりと説明させて頂きます。

ワンポイント

個人的な見解ですが、株式投資 初心者の方は、無理に「NISA」を利用する必要はありません。仕組みが やや複雑で覚えることが増えますので。

初心者の方は、まず 証券会社の画面に慣れたり、取引きツールに慣れたり、注文に慣れたりなど、一通り株式投資に慣れてからNISAをはじめてみて下さい (  ̄∇ ̄)

非課税とはどういうこと?

株式投資や投資信託の売買で得た「売却益」や、株式投資の「配当金」、投資信託の「分配金」には税金が20%発生します。※復興特別所得税の0.315%を除く

これまでの通常口座(特定口座/一般口座)では売却益(売買で得た利益)に税金がかかりますが、2014年より始まった「NISA口座を開設」し「NISA口座で売買」をして得た売却益に関しては、非課税の対象となり税金が発生しません

(例)A銘柄を100万円で購入。
株価が150万円になったので売却し、50万円の売却益を得た場合。

特定口座の場合
一般口座の場合
500,000円(売却益) × 20%(税率) = 10万円の税金が発生!
NISA口座の場合 税金は発生しません。
上記の口座と比べると10万円の節税に!

また、NISA口座では株主権利による「配当金」、投資信託の「分配金」も税金が発生しません。

参考までに

配当金を非課税枠の対象にする為には「株式数比例配分方式」を選択しないと非課税になりませんのでご注意ください。

上記のようにNISA口座を利用すると、売却益が非課税の適用となり、節税となります。

また、1人あたり最大で1,160万円の非課税枠が利用できますので、工夫次第で大きな節税となります。

NISA制度の中身とは?

上記のNISA制度のポイントをひとつずつ噛み砕いて説明させて頂きます。
全部で5つのポイントになります。

1. 譲渡益や配当金が非課税に

NISA制度の最大のメリットは、NISA口座を開設・利用することで、株式投資や投資信託の売買で得た利益や配当金、分配金が非課税になることです(  ̄∇ ̄)

NISA口座を上手に利用することで大きな節税となります。

2. NISA口座を開設できる人は?

日本に住んでいる20歳以上の方が対象です。
20歳以上であれば、学生でもOKです。

※通常の口座は20歳未満でも一部の証券会社で口座開設できます。
未成年でも株式投資できますか?

3. NISA口座を各証券会社で開設できる?

1人につき1年間で1つの金融機関でしかNISA口座を開設できません。

つまり、A証券会社で2018年にNISA口座を開設した場合、B証券会社やC銀行でNISA口座を開設することができません。

毎年、NISAを利用する金融機関を変更することは可能です。

(例)2017年にA証券会社、2018年にB証券会社、2019年にC銀行にてNISA口座を開設することは可能です。

4. NISAは10年間という期間限定の制度

NISA口座の開設期間は2014年から2023年までの10年間となっています。

現在のところ、期間限定の制度ですが、状況により延長される可能性はあると思います。

NISAはイギリスの「ISA(アイサ)」を参考にして作られた制度です。
NIPPON」版の「ISA」で「NISA!」が誕生しました (  ̄∇ ̄)

そのイギリスのISAも最初は期間限定の制度でしたが、現在は恒久的な制度となっています。

5. 非課税枠とは?

非課税枠は毎年 利用可能で、1つの非課税枠の最長利用期間は5年間です。
(2014年~2015年は上限100万円、2016年~2023年は上限120万円)

そもそも非課税枠ってなんだか分からないですよね?

NISAの内容を説明するにあたり、こちらの非課税枠の説明が非常にややこしいんです。
詳しくは次項の「非課税枠とは?」でご説明致します。

NISA口座で対象になる金融商品

NISA口座で対象になる金融商品は決まっています。

まず、第一に我らが「株式投資(上場株式)」

その他には、「公募株式投資信託」「上場REIT」「ETF/ETN」といった金融商品が対象となっています。FXや債券といった金融商品は対象外です。

NISA口座が開ける金融機関

「証券会社」や「銀行」にてNISA口座を開設することが可能です。

NISA口座を開くなら「証券会社」がおすすめで、その中でも「ネット証券会社」をおすすめします。おすすめの理由は後ほど「金融機関によるサービス等の違い」にて説明します。

さて、次項では気になる「NISAのデメリット」について説明します。

カブスルは、マネックス証券でNISA口座を開設しています。
つみたてNISAも利用可能。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。