NISAは投資による利益が非課税になる制度

「NISA(ニーサ)」は、2014年1月から始まった「小額投資非課税制度」の愛称です。

NISAをごく簡単に説明すると、

投資で得た儲けを非課税にするという、とっても有難い制度です (  ̄∇ ̄)

NISAのポイント。譲渡益・配当金などが非課税に。非課税投資額は毎年上限120万円まで。

ただし、デメリットもありますし、非課税枠という特殊なシステムもありますので、じっくりと説明させて頂きます。

ワンポイント

個人的な見解ですが、株式投資 初心者の方は、無理に「NISA」を利用する必要はありません

仕組みが やや複雑で覚えることが増えますので。

初心者の方は、まず 証券会社の画面に慣れたり、取引きツールに慣れたり、注文に慣れたりなど、一通り株式投資に慣れてからNISAをはじめてみて下さい (  ̄∇ ̄)

非課税とはどういうこと?

株式投資や投資信託の売買で得た「売却益」や、株式投資の「配当金」、投資信託の「分配金」には税金が20%発生します。※復興特別所得税の0.315%を除く

特定口座や一般口座では売却益(売買で得た利益)に税金がかかりますが、NISA口座で売買をして得た売却益に関しては、非課税の対象となり税金が発生しません

NISA口座で得た利益は非課税(税金が0円)に。 通常の課税口座には利益に対して20.315%が課税対象に。

(例)A銘柄を100万円で購入。
株価が150万円になったので売却し、50万円の売却益を得た場合。

  • 特定口座や一般口座の場合。
    50万円(売却益) × 20%(税率) = 10万円の税金が発生!
  • NISA口座の場合。
    税金は発生しません(ゼロ)。

また、NISA口座では「株の配当金」や「投資信託の分配金」にも税金が発生しません。

NISA制度の中身とは?

NISA制度の概要です。

NISA口座の開設条件 日本在住で20歳以上
口座開設数 1人1口座
非課税枠対象の金融商品 上場株式や株式投資信託などの配当金・売買益
非課税枠 毎年120万円の非課税枠を利用
※2015年までは上限は100万円でした。
非課税期間 5年間※5年目の年末まで
NISA口座開設 可能期間 2014年~2023年の10年間
売却の時期 いつでも可能。※ただし、再利用は出来ません。

NISAのポイントは5つあります。

1. 譲渡益や配当金が非課税に

NISA制度の最大のメリットは、NISA口座を開設・利用することで、株式投資や投資信託の売買で得た利益や配当金、分配金が非課税になることです(  ̄∇ ̄)

非課税対象
株の売買 売却による売却益、配当金
投資信託 売却による譲渡益、分配金

NISA口座を上手に活用することで大きな節税となります。

配当金を非課税枠の対象にするには、「株式数比例配分方式」を選択しないと非課税になりませんのでご注意ください。

  • 株式数比例配分方式 ⇒ 非課税
  • 登録配当金受領口座方式 ⇒ 課税(20%)
  • 従来の方式(2種類) ⇒ 課税(20%)

NISA口座のメリットが・・・(泣)

NISA口座の配当金を非課税にする方法

配当金の受け取り方法は4つありますが、下記の記事にて詳しく紹介しています。

2. NISA口座を開設できる人は?

日本に住んでいる20歳以上の方が対象です。

20歳以上であれば、学生でもOKです。

3. NISA口座を各証券会社で開設できる?

1人につき一年間で1つの金融機関でしかNISA口座を開設・利用できません。

つまり、A証券会社で2021年にNISA口座を開設した場合、B証券会社やC銀行でNISA口座を開設することができません。

NISA口座は手続きにより、他の金融機関に変更することは可能です。
(その年にNISA口座を利用していなければ)

(例)2021年にA証券会社、2022年にB証券会社、2023年にC銀行にてNISA口座を開設可能。

4. NISAは10年間という期間限定の制度

NISA口座の開設期間は、2014年から2023年までの10年間となっています。

2023年に、現行の制度は終了することが決まっています。

ワンポイント

2024年からは、新NISA制度がスタートする予定です。

現在のNISAと、つみたてNISAを合わせたような制度となります。(2階建て)

年間非課税枠 概要
1階部分 20万円 積立のみ利用可。(現在のつみたてNISA)
2階部分 102万円 1階部分を利用すれば、2階部分も利用可能に。
個別株や投資信託、REITなど購入可能。(現在のNISA)

いまのところ、1階部分は全額使い切る必要はなく、少額でも利用すれば2階部分も利用可能になるようです。

5. 非課税枠とは?

NISA制度でもっとも特徴的な考え方で、また初心者の質問も多いのが「非課税枠」です。

1つの非課税枠で120万円までの投資が可能

非課税枠は毎年 利用可能で、1つの非課税枠の利用期間は5年間です。

非課税枠の説明は非常にややこしいので、下記にて紹介しています。

NISA口座で対象になる金融商品

NISA口座で対象になる金融商品です。

  • 国内株式(現物取引)
    国内ETF/ETN、国内リート、PO、立会外分売など。
  • 投資信託
  • 外国株式

FXや債券といった金融商品は対象外です。

NISA口座が開ける金融機関

証券会社や銀行にて、NISA口座を開設することが可能です。

NISA口座を開くなら、株式投資も投資信託もできる証券会社がおすすめです。

銀行は投資信託しか選択できません。

金融機関の違いや、証券会社の比較などは下記の参考記事にて紹介しています。

カブスルは、マネックス証券でNISA口座を開設しています。つみたてNISAも利用可能。

上へ戻る

カブスル限定のお得な口座開設タイアップ企画を行っています。