NISA口座の比較【2021年版】

NISA口座の各証券会社の取扱金融商品と手数料の比較です。

個人的におすすめのネット証券会社による比較です。
(店頭証券は手数料が高く、銀行は株式投資ができない)

4コマ漫画:ネット証券がおすすめ1 4コマ漫画:ネット証券がおすすめ2 4コマ漫画:ネット証券がおすすめ3 4コマ漫画:ネット証券がおすすめ4

取扱金融商品の比較

各証券会社により取り扱っている金融商品も内容も違います。※2020.4.22調べ

証券会社 国内株式
ETF/REIT
投資信託 外国株式 海外ETF
マネックス証券 OK OK
1,182本
OK
米国、中国
OK
270銘柄
SBI証券 OK OK
約2,550本
OK
9カ国
OK
160銘柄
楽天証券 OK OK
約2,320本
OK
6カ国
OK
230銘柄
SMBC日興証券 OK OK
約650本
OK OK
auカブコム証券 OK OK
約1,037本
no no
松井証券 OK OK
1,254本
no no

投資信託の本数は公式サイト上で発表している本数ではなく、カブスルがログインしてカウントしている本数です。実際の本数と違う場合があります。

投資信託については、各社 本数の違いはありますが投資信託で人気の「ニッセイ日経225インデックスファンド」や「レオス-ひふみプラス」は各社で取り扱っています。

取扱サービスの比較

各証券会社の取り扱いサービスの違いです。

個人的には、各証券会社のサービスを比較して、NISA口座を開設する証券会社を選ばれたらいいかなぁと思います。(取扱商品や手数料はそれほど変わらない)

証券会社 つみたて
投資信託
単元
未満株
IPO
参加
マネックス証券 100円~ OK OK
SBI証券 100円~ OK OK
楽天証券 100円~ no no
auカブコム証券 100円~ OK OK
松井証券 100円~ no OK
SMBC日興証券 1,000円~ OK OK

単元未満株は「NISA口座による購入」ができるかどうかです。

NISA口座の利益は非課税になりますので、人気IPOとの相性も とてもよいです。
人気IPOに抽選で当選すると大きな節税になります。詳しくは下記の記事にて。

各証券会社のNISA口座の特徴

NISA口座における各証券会社の特徴をカンタンに。※2021.4.19調べ

証券会社 特徴
マネックス証券
SBI証券
  • 積立投信でNISA枠ぎりぎり注文を利用可能。
  • 夜間取引が可能 (夜間取引 PTSとは?
  • 困った時に安心。NISA専用ダイヤルあり
楽天証券
  • 取引で楽天ポイントがたまる。
  • 楽天ポイントで投資可能。
auカブコム証券
  • NISA口座開設で、証券総合口座の現物株式の売買手数料が最大5%割引に
SMBC日興証券
  • 500円以上で金額指定購入できる「キンカブ」を利用可能

手数料による比較

NISA口座における株式投資(国内)の取引手数料の比較です。※2021.4.16時点

NISA口座による売買手数料は、無料とする証券会社が多くなっています。

証券会社 10万円~120万円
マネックス証券 無料
SBI証券
楽天証券
松井証券
auカブコム証券
SMBC日興証券
ダイレクト
137円~880円(税込)

手数料に差がほとんどないので、取扱金融商品やシステムなどを考慮された方がよいです。

NISA口座はよく考えて開設しましょう

NISA口座における各証券会社におけるサービスの違いが分かって頂けたと思います。

各証券会社には、無料で利用できる投資情報や投資ツールも充実していますので、それぞれの証券会社の特徴も考慮してNISA口座を開設することをおすすめします。

ちなみに、カブスルは、マネックス証券にてNISA口座を開設しています。

ネット証券会社は、口座開設にかかる費用などが無料ですので、まずは複数の証券会社に口座を開設し利用してみて、その後 お気に入りの証券会社にてNISA口座を開設されるのをおすすめします。

カブスルは、マネックス証券でNISA口座を開設しています。つみたてNISAも利用可能。

上へ戻る

カブスル限定のお得な口座開設タイアップ企画を行っています。