SMBC日興証券 ダイレクトコース:IPO向き証券会社

IPOの引受回数も多い証券会社 SMBC日興証券

NISAの利用もしやすい

証券会社名 SMBC日興証券
口座開設料 無料
自動注文 逆指値
目的別 IPO向き / ミニ株
特徴 選べる2つのコース

選べる2つの取引コース

SMBC日興証券 は、イチローのCMでも おなじみの大手証券会社です。

2018年に創業100周年を迎えた老舗証券会社で五大証券の一角を担っています。

トータルサポートが可能な「総合コース」と、手数料が安い「ダイレクトコース」がありますが、こちらのページでは 手数料の安いダイレクトコースを中心にご紹介しています。
総合コースの紹介はこちら

2つのコースの違い

「ダイレクトコース」と「総合コース」の2つのコースによる違いです。大きな違いは二点です。

ワンポイント

  1. 「取引手数料」
    ダイレクトコースは格安の手数料です。ご自身で取引される方に便利です!
  2. 「コンサルティングサービス」
    担当者と資産運用の相談が出来る「コンサルティングサービス」を受けられます。

取引に発生する「取引手数料」や担当者と資産運用の相談が出来る「コンサルティングサービス」が主な違いとなります。

2018.6.14時点
サービス ダイレクトコース 総合コース
取引手数料
(税込)
(パソコン/スマートフォンの場合)
10万円以内の取引:135円
20万円以内の取引:194円
30万円以内の取引:270円
50万円以内の取引:432円
100万円以内の取引:864円
(支店での取引の場合)
10万円の取引:5,400円
20万円の取引:5,400円
30万円の取引:5,400円
50万円の取引:6,210円
100万円の取引:12,420円

コンサルティング

なし 全国の支店で可能

簡単に説明すると、総合コースでは手数料が高い代わりにコンサルティングサービスが受けられます。ダイレクトコースではコンサルティングがない代わりに手数料が安くなります。

ご自身に合った投資スタイルによりコースを選んでみて下さい。

大手証券だけあり、IPOの引受幹事数が多い!

SMBC日興証券は証券会社 最大手です。
新規公開株(IPO)の幹事を引き受ける回数もとても多いです。

  • 2016年のIPO 83社のうち「64社」のIPOを取り扱っています。(全体の77%)
  • 2015年のIPO 92社のうち「72社」のIPOを取り扱っています。(全体の78%)

ダイレクトコースによるIPOの配分方式は「同率抽選方式」になります。

つまり、100株応募しようが500株応募しようが、当選確率は一緒です。
資金量に左右されない「公平抽選」で 庶民の味方です (  ̄∇ ̄)
※ダイレクトコースでは店頭で配布される枚数の10%程度が抽選で参加者に配られます。

IPOは公平抽選で庶民にも優しい!

参考までに

担当者がつく総合コースでは「お得意さん」にならない限り、担当者から人気IPOを配布して頂ける事はまずありません。(人気のものはお得意さんに回る)

管理人も運用資産が少なく「お得意さん」には しばらくなれそうにないので、ダイレクトコースにてIPOの抽選に参加し、IPOの当選を果たしています。

管理人は「SMBC日興証券証券」で IPOに16回 当選 しています。(管理人のIPO当選実績

ダイレクトコースの取引手数料

投資情報などが充実している超大手の証券会社だけあって、取引手数料もネット専業の証券会社よりは高めでしたが、2015/4/1より、大幅に取引手数料が安くなりました。

(税込価格 / 2018.5.16時点)
~10万円 ~20万円 ~50万円 ~100万円
135円 194円 432円 864円

つまり、使い勝手はそのままに 取引手数料が安くなりましたので 利用の幅が広がりました!

なお、ダイレクトコースの場合、「信用取引」における売買手数料は約定代金に関わらず「無料」です。※金利や貸株料などの手数料は発生します。

見やすくて利用しやすいWebサイト

Webサイトはシンプルながら非常に見やすく情報も整理されていると思います。

また、ログイン後の取引画面も同様に非常に見やすく使いやすいです。
(一部の証券会社ではログインすると旧システムで見づらい所もあります)

配色は少ないですが、目立たせたい所はシッカリと目立つデザインで視認性や読みやすさなどは抜群かと思います。
長く使う証券会社だからこそ、利用しやすさ・しづらさは気になります。

サポート体制が幅広い

電話やメールによるサポート体制があるのはもちろんのこと、「チャットでのお問合せ」や「LINEによるお問合せ」も受け付けています。

幅広い顧客層に対応しているのがサポート体制からも読み取れます。

ビッグデータとAIの活用

ビッグデータとAIの活用も積極的に行っています。

  • AI株価トレンド予報
    AIが株価に影響のありそうなニュースを選定。複数のアナリストが株価の動向を予想。その予想をメールで受け取ります。
  • 逆日歩予報
    過去の膨大な市場データを収集しビッグデータを解析。信用売りで損失リスクとなる逆日歩の発生確率を予報するサービスです。

AIを活用した情報サービスは今後 証券会社のサービスのメインとなりそうです。

ミニ株も利用可能

SMBC日興証券では、少ない資金で株式を購入できる「ミニ株(単元未満株)」にて購入することも可能です。

単元株は100株ですが、1/10の株数である10株から購入できるのが特徴です。
最低購入金額が10万円の株式の場合、1/10の1万円から購入することが出来ます。

「キンカブ」でNISAの購入も便利に

2014年から始まった新制度「NISA」。

SMBC日興証券では、1万円以上1,000円単位の金額指定で株式投資が出来る「キンカブ」というサービスがあります。

キンカブによりNISAの非課税枠 上限120万円までピッタリと購入することも可能になっています。

また、投資信託のノーロード(手数料無料)の本数は400本以上と とても多いです。

SMBC日興証券の口座開設

SMBC日興証券はIPOの申込み、NISAの活用でも活躍する証券会社です。

▼ 公式サイトはこちら

SMBC日興証券

参考までに

申込方法は3種類あります。2018.5.16時点

  1. 申込書類を印刷して口座開設
    最短で5日で口座開設。プリンタがあれば是非。
  2. 申込書類を取り寄せて口座開設
    最短で9日で口座開設。私はこちらで申込ました。
  3. スマートフォンアプリで口座開設
    最短で4日で口座開設。本人確認書類も撮影して送信出来ます。

申込書類の記入例です。入力に迷う箇所のみ記載しています。
参考にしながら入力出来るように、別画面で開きます。 ⇒ 「SMBC日興証券」 の記入例

「IPO狙い」には外せない証券会社。もちろん管理人も利用しています。

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に11度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン

7/31(火)まで!

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

6/30(土)まで!

ライブスター証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


6/30(土)まで!岡三オンライン証券」さんと「現金 4,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。
岡三オンライン証券とのお得なタイアップキャンペーン

サイト内検索 powered by Google

  • 本サイト「初心者の株式投資道場」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。各金融機関の最新情報については各Webサイトにてご確認下さい。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 「初心者の株式投資道場」における無断の複製・コピーを一切禁止致します。サイト内へのリンクは全てリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問やWebサイト内の説明に対する質問やご要望は「お問合せフォーム」より お気軽にどうぞ。