株価の下落時に便利な注文システムがある証券会社

株価の下落は損失につながりやすいです。

株価下落時の損切りや、見切り売りに便利な注文システムがある証券会社を紹介します。

  • 仕事中や家事中で、株価が見られない時に下落して損をした!
  • 株価の値動きを見てると、迷って損切りが上手くできない…。

証券会社の取引システムを利用することにより、損失の回避または軽減を図ることができます。

取引システムが充実している分、他の証券会社よりも手数料が少し高いですが、売るタイミングを逃して大損した…という、失敗は少なくなるかと思います。

マネックス証券は多彩な注文方法。有効期間は30日間

「逆指値」「指値」が同時に利用できる「ツイン指値」などが充実!

マネックス証券

個人的なおすすめNo1はマネックス証券になります。

自動で売買できる自動売買システムが非常に充実している証券会社です。

中でも、指値と逆指値を同時に注文できる「ツイン指値」は使い勝手が良いです。

株式の購入後に下記の注文を入れると、利益確定と損切りの設定が同時に行えます。

(例)1,000円の株式を購入した場合。

  • 指値 売り注文 1,200円
    株価上昇時に利益確定を行う。
  • 逆指値 売り注文 850円
    株価下落時に損切りを行いリスク管理。

ツイン指値で株価上昇と下落に対応できる!

管理人はツイン指値を重宝しており、利益確定と損切りのどちらにも対応できるとても便利な自動売買システムです。

さらに、注文の有効期間は30日間と他社より長いです。
しばらく ほったらかしにできるので便利です。

「連続注文」や「リバース注文」といった、注文方法も魅力の一つです。

カブドットコム証券も注文方法が多彩。リスク管理に便利

掲げるテーマは「リスク管理」。

カブドットコム証券

カブドットコム証券は、リスク管理に重点を置いている証券会社です。

カブドットコム証券も注文方法は多彩です。
指値と逆指値が同時に利用できる「W指値」など。

注文の名称は違いますが内容は一緒です。
その他にも「リレー注文」や「Uターン注文」などがあります。

注文の有効期間は3週間と他社に比べて長めになります。

その他の便利な証券会社

指値と逆指値の同時注文ができる証券会社は使い勝手が良いです。

下記の表の「指値と逆指値の同時注文」欄がある証券会社が、指値と逆指値の同時注文ができます。

当サイト調べ:2019.5.9 時点
証券会社 指値と逆指値の
同時注文
自動的に次の
注文を発注
反対売買注文を
予約設定
最大有効期間
マネックス証券 OK
ツイン指値
OK
連続注文
OK
リバース注文
30日
カブドットコム証券 OK
W指値
OK
リレー注文
OK
Uターン注文
3週間
SBI証券 OK
OCO注文
OK
IFD注文
OK
IFDOCO注文
15営業日
楽天証券 OK
逆指値付通常
no OK
セット注文
30営業日
ライブスター証券 OK
OCO注文
no OK
IFDO注文
30営業日
岡三オンライン証券 OK
OCO注文
no OK
IFDONE注文
10営業日
松井証券 OK
追跡指値注文
no OK
返済予約注文
週末
SMBC日興証券
ダイレクトコース
no no no 週末
野村證券 no no no 7営業日

参考までに、他の注文方法に対応しているのかも載せています。

注文の種類()が多いほど、様々な場面に対応できるので使い勝手が良いです。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。