ネット証券で株式投資をはじめよう!

「ネット証券」は、ご自宅のパソコンやスマートフォンから「株式投資」ができる証券会社です。

個人投資家の売買の8割がネット証券経由となっています。

つまり、ネット証券で株式投資を行うのが当たり前となっており、対面型の店舗がある証券会社で売買を行っている方はごく一部です。

インターネットを利用して株式投資を行う事を「オンライントレード」といいます。
オンライン(インターネット)を利用したトレード(取引)です。

ネット証券は店舗を持たないのでオンライントレードで売買を行います。

オンライントレードの魅力

ネット証券の特徴は?

ネット証券の特徴として、下記のメリットが挙げられます。

ワンポイント

  • 店頭型の窓口取引より「手数料が圧倒的に安い」
  • ご自宅のパソコンや、スマートフォン/携帯から注文ができる
  • 自動売買システムや取引ツールが充実している
  • 銘柄検索(スクリーニング)などの便利なツールを 無料で利用できる
  • 少額(数千円~)から好きな株を買える(店頭だと恥ずかしい)
  • 証券マンの勧誘に惑わされないで済む(余計な人付き合いがいらない)
  • リアルタイム、もしくはそれに近い形で株価の推移が確認できる

ほとんどのネット証券会社では ログイン後に、モーニングスター社発行の 「株式新聞(月額4,200円)」を 「無料」で読むことができます。

ネット証券は、取引手数料が安いうえ、無料で受けられるサービスが多く、無料で利用できる取引ツールも多いため、個人投資家の利用が増えています。

参考までに

2014年の日経新聞にて「個人の株式売買、ネット証券経由が8割」という記事がありました。

ネット証券の利便性や手数料の安さにより、ほとんどの方が利用しています。

ネット証券の大きな魅力を3つ紹介します。

魅力1「手数料が安い!」

何と言っても、ネット証券は「手数料が安い」事が魅力の一つです。

参考までに、10万円分の株式を購入した場合の手数料を比較してみましょう。※2018.4.30 時点。

  • 店舗型の「野村證券」で対面取引をすると 手数料は2,808円(税込)
  • ネット証券の「マネックス証券」では 手数料が108円(税込)

2つの証券会社の取引手数料の差は「2,700円」になります。

株式投資は「買い」と「売り」の2回 手数料を払います。
つまり、売買を行った際の取引手数料の差は「5,400円」にもなります。

株式投資で利益を出すには、手数料を抑える事も大事な要素になりますので、手数料が安く済むネット証券は人気があるんです(  ̄∇ ̄)

参考までに

上記と同様の条件で手数料の比較をしてみます。

100万円分の株式を購入した場合の手数料は、野村證券の対面取引で11,967円(税込)
マネックス証券の成行注文で1,080円(税込)、指値注文で1,620円(税込)になります。

どちらが手数料的にお得かは一目瞭然です。

魅力2「利便性」が高い

オンライントレード

オンライントレードは、「ネット接続環境」と「パソコン」や「スマートフォン / 携帯電話」があれば、どこにいても いつでも注文ができます。



また、証券会社にログインすることにより、無料で株式市場の動向や企業のニュースを見れますし、条件検索(スクリーニング)により、欲しい銘柄を検索して探したりもできます。

株式の売買を行う取引ツールも充実しており、連続注文などの便利な注文システムも無料で利用することができます。

ワンポイント

管理人が株式の売買をする際に重宝している無料の情報ツールに「マネックス証券」の「IFISスコア」があります。

「割安性」「成長性」などの各項目が「スコア(点数)」で表示されます。
自分で分析する必要が減り、スコアを参考に株の購入が可能になります。

魅力3「気軽」に注文可能

店頭型の証券会社の場合、担当者に店頭窓口や電話にて株式の注文を出します。

少額の投資だと恥ずかしかったり、何度も注文をお願いをするのが気になったり、時には他の株式を勧められて買いたくもない株式を購入した・・・という事もあります。

一方、ネット証券は自宅等で気軽に注文することができます。
つまり、上記の店頭型とは逆で、

少額でも気にせず、何度も気軽に売買を行い、自分の好きな銘柄を買う!

ことができるわけですね(  ̄∇ ̄)

オンライントレードの注意点

ネット証券のオンライントレードでは下記の事に気を付けましょう。

ワンポイント

1. 注文時の入力ミスに気をつける。
売ろうとしたのに、間違って買い注文をしないように。
100株買おうと思ったのに、間違えて1,000株買ってしまう など。

2. ログインIDやパスワードを忘れない。
忘れても、証券会社に電話をすれば再発行してもらえます。
ただし、手間がかかりますので忘れないでおきましょう。(経験談)

次項では、口座開設の申込から株取引が始まるまでの「口座開設の流れ」をご説明致します。
最短で翌日から株式投資を始められます!

手数料が安く誰でも気軽にはじめれるのがオンライントレードの魅力です。

こちらの記事は、株式投資歴14年の運営者が執筆しています。
現在記事をすべて見直しています。一部の記事は修正前で読みづらいと思います。申し訳ありません。

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
公平抽選の「IPO」
サポート体制も高評価

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に11度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
公平抽選の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

岡三オンラインとのお得なタイアップキャンペーン

12/28(金)まで!

岡三オンライン証券現金2,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

12/31(月)まで!

ライブスター証券現金2,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


サイト内検索 powered by Google

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。