信用取引を安全に行うコツ

信用取引では
めいっぱいの投資
はやめよう!

信用取引をやると決めた以上は安全に利用しましょう。

「信用買い」や「空売り」には大きな魅力があります。

最大限に利用しない / 資金に余裕を持って行う

信用取引では約3倍もの資金を利用できると説明しましたが、信用取引に慣れてないうちは、最大限まで利用するのは控えましょう。

株式投資は「余裕資金で行う」のが基本です。

損失分を支払うことができないような運用は絶対にやめましょう!

株式投資を行って「借金が残った!」という事ほど、ばからしいものはありません。
資産が減る可能性はあっても、借金だけは絶対に作ってはいけません

委託保証金率にもきちんと目配りをしておき、追証発生時にはすぐに対処できるよう余裕資金を持っておきましょう。

仕組みをきちんと理解しておこう

仕組みをあやふやに覚えたままで信用取引を行わないようにしましょう。
各証券会社」にしっかりと資料を請求し、内容をきっちりと把握して行いましょう。
信用取引の決済方法」「信用倍率とは?」「逆日歩とは?」など。

初心者向き株式投資問題集」にて信用取引の問題にもチャレンジしてください。

ロスカットは早めに対処しましょう

ロスカット=「損切り」 は確実に こまめに行いましょう。

早い段階で見切りをつけないと「追証」の危険性や返済期限の切迫により、思ったような取引ができなくなります。

自分でロスカットできない方は自動売却で下落時などに売却してくれる「逆指値」が利用できる証券会社にて取引を行いましょう。

初心者はやめておこう

最低でも、投資の経験を1年以上は 積んでから始めましょう。
株式投資のこともよく分からずに信用取引を行っても大抵はうまく行きません。

相場の流れ、大衆心理の動き、証券会社の注文システムなどに慣れてから始めるようにしましょう~(  ̄∇ ̄)

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。