大損の法則

損切りのタイミングを逃すと大損する!

お金を増やす

短期投資であれ、長期投資であれ、
デイトレードであれ、バリュー投資であれ、

大損のキーワードは「売りのタイミングを逃している」ことです。


含み損が出ている際の心理状態

保有している株式に損失が出ていると、心理状態が悪化します。

人の基本的な心理的傾向として「損を確定させるのは嫌だ」という考えがあるからです。

含み損は 思わず見て見ぬフリをしたくなるものですが、そうすると どんどん損失額が膨らんでいくリスクがあります。

ワンポイント

損失の状況による心理状態です。

  • 第一段階 : 持ち株が下落
    心理状態:「反発を待つ」
    • また、株価が上がってくるだろう。
  • 第二段階 : さらに下落
    心理状態:「売りづらくなって塩漬けを覚悟」
    • あれ…思ったより株価が下がったなぁ。
    • 損失が大きいから売るのを我慢しよう。
    • 見なかったことにしよう…(塩漬け)。
  • 第三段階 : さらにさらに下落
    心理状態:「狼狽売りして大損」
    • これ以上の含み損は精神的に無理だ…。
    • 早く損切りすれば良かった…。
    • 他に買いたい株式があるのに資金がない…。

タイミングを逃すとさらに売りづらくなる!

持ち株がさらに下落する第二段階になると、損切りへの決心が鈍ります。

そこから更に持ち続けて下落すると、購入していることを忘れようとします(涙)

ところが最終的には、精神的にキツくなって売却し「大損」してしまいます。

例としてキヤノンの株価チャートをマネックス証券で見てみましょう。

キヤノンの株価チャート
  1. 4,300円で購入。
  2. その後、大きく株価を下げ4,000円まで下落しました。(第一の損切りポイント)
  3. 反発を待っていましたが、さらに下落し3,500円になりました。(第二の損切りポイント)
  4. さらにさらに下落し3,200円になりました…。(大損)

「2」の段階で売るのは少し難しいですが、「3」の段階になると株価が下落基調になっているので、見切りをつけ(諦めて)売った方が良かったです。

含み損が膨らめば膨らむほど、損切りの処分をしづらくなります。

見切りは早めに行おう!

長期保有予定でない銘柄は、第一段階の反発が期待できなくなった時点で、思い切って損切りしてしまうのが、大損を抑えるコツとなります。

売却したあとに、上がってしまうことを考えるのは無駄ですのでやめましょう。

ちょっとした反発を期待して とんでもない大損をするパターンは結構ありますので気を付けましょう~。

もちろん、私も何度も経験があります( ノД`)

損切りは早めにすればするほど、損失は抑えられます。

スポンサーリンク

こちらの記事は、株式投資歴14年の運営者が執筆しています。
現在記事をすべて見直しています。一部の記事は修正前で読みづらいと思います。申し訳ありません。

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
公平抽選の「IPO」
サポート体制も高評価

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に11度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
公平抽選の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

岡三オンラインとのお得なタイアップキャンペーン

12/28(金)まで!

岡三オンライン証券現金2,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

12/31(月)まで!

ライブスター証券現金2,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


サイト内検索 powered by Google

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。