キリのよい株価は売買しづらい。キリの悪い株価で売買しよう

いつも売買板を見て思うのですが、

キリのよい株価に、注文が殺到してることって多くないですか?

(例)売り注文

  • 1,103円   3,600株
  • 1,100円  12,000株
  • 1,099円   1,600株

これは買い注文でも同じことが言えます。

日本人はキリがよいのを好む

日本人はキリがよいのを好みます。(外国人の方は知りませんが)
キリがよいとスッキリするんですよね。

たとえば家電店で、

最新デジタルカメラ発売!

価格は32,486円です!

な~んて言われても、何かスッキリしませんよね?

それよりは、

最新デジタルカメラ発売!

価格は32,500円です!

と、下の桁を揃えた方が、若干高くてもスッキリします。

おそらく この心理があるので株式投資では、スッキリした株価に、売買注文が多くなっていることが多いんです。

株で大事なのは売買を成立させること

株の売買においてキリのよい株価で売買することは、大事ではありません。

株取引で大事なのは、 「買えること」 と「売れること」です。

キリのよい株価に注文が多い場合は、その株価よりも、一段下げて売る(一段上げて買う)と取引が成立しやすくなりますよ。

(例)売り注文

  • 1,103円  3,600株
  • 1,100円 12,000株 ← ここの価格で売り注文しない
  • 1,099円  1,600株 ← 一段下げて売り注文をする

スポンサーリンク

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。