優待狙いの高値掴みにご注意を!回避する方法は?

もらって嬉しい株主優待。

優待狙いで銘柄を購入する際に気をつけることとして、

優待狙いの高値掴みにご注意を!

株主優待

食事券やお買物券をもらうことに集中しすぎると、株価が下落して結果的に損をしていることがあります。

高値掴みとは?

高値掴みとは、株価が高い時期に株式を購入してしまうことです。

割高圏なので、株価も下落しやすい環境です。

ソニーのYahoo!チャート

優待株は、権利確定日が近づくと株価が上昇する傾向にあります。

何故なら、みな株主優待が欲しいから(笑)

高値圏に株価があるなと判断した場合は、購入を見送るのも手です。

権利確定日の数ヵ月前から購入するのがオススメ

権利確定日直前の株価は高くなっている傾向にあります。

チャートを見て、株価が高すぎる時期にないのかを判断する必要があります。

ポイントは株価が上昇する前の権利確定日の数か月前から購入すること

株主優待をお得にゲットできますし、株価の値上がりによる売却益を得ることもできます。

ワンポイント

100株保有で2,000円分の食事券がもらえる場合。
株価は1,300円~1,800円の間を行き来しているとします。

  • 株価1,300円で購入。
    2,000円の食事券のほか、5万円分の売却益を得られる可能性あり。
  • 株価1,800円で購入。
    2,000円の食事券をもらえるが、5万円分の損失がでる可能性あり。

知人の株主優待の失敗例

この記事を書く基となった、知人の優待での失敗例です。

優待銘柄を権利確定日直前に買い、その後、暴落…というのを何度も経験。

知人は株主優待にハマっているんですが、結局損してることの方が多いらしいです。

  • オリエンタルランドを100株保有し、「ディズニーランドの1日パスポート券」をもらう。(当時 5千円相当)
  • 株価下落により、売却時に1万円の損失に。
株価が高い時期(オリエンタルランド)

トータルで5千円の損失になっています。

他にもいくつか失敗話を聞いています。

  • 株主優待で2千円分の商品券をもらえたが、株価下落により5千円の損失
  • 5千円の食事券をもらえたが、その後の株価下落で3万円の損失に。

知人は楽しそうにネタとして話をしているので、それほど気にしていないようです(笑)

もちろん 優待狙いが悪いというわけではありません。

株初心者は、購入時点での株価が割高か割安かを考えて購入しないと、株主優待の報酬以上に損してしまう場合があるということだけは、覚えておきましょう。

優待が欲しければオークションやフリマで手に入れよう

今の時代、無理して優待券を株式の購入でゲットする必要はありません。

株価が高い時期にあるが、どうしてもその株主優待が欲しい場合、
ヤフオクやメルカリなどで、株主優待品を購入する方法があります。

株主優待品は必要な人もいれば、必要でない人(出品者)もいるんです。

管理人のカブスルも、株価が割高なものは購入せず、フリマやオークションで出品された時に落札してゲットしています (  ̄∇ ̄)

父にプレゼントしたカラオケのチケットや、ツルハの買い物10%割引券など。

株主優待に関する参考記事も合わせて読んでみて下さい。

スポンサーリンク

こちらの記事は、株式投資歴15年の運営者が執筆しています。
元手20万円、投資実績は2018年末で+1220万2,237円。初心者にも分かりやすい記事を心がけています。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。