グーグルやアマゾンの株も買えるの?

Q:質問

グーグルやアマゾンなどの海外の株も買えるの?

A:回答

グーグルやアマゾンのような外国の企業の株も購入できます。
ただし「外国株式(米国株)」を取り扱っている証券会社でないと買えません。

海外の株とは?

グーグル(google)やアマゾン(Amazon)、アップル(Apple)、ツイッター(Twitter)など、日本でおなじみの海外の企業も株式を上場しています。

どこに上場しているかというと、上記の株は アメリカの証券市場(ニューヨーク証券取引所やナスダック)に上場しています。

日本ではアメリカ(米国)の市場に上場している株式を「米国株」と呼んでいます。

同様に、中国の証券市場(上海証券取引所など)に上場している「中国株」もあります。
有名な企業として検索エンジン大手の「バイドゥ(百度)」などが挙げられます。

日本で扱っている外国株の代表的なものは「米国株」と「中国株」になります。

その他にも 韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアなどの外国株もあります。

海外の株を買うにはどうしたら良い?

海外の株式を購入するには「外国株口座」の開設が必要になります。
また、その外国株を証券会社が取り扱っている必要があります。

また、「米国株」の詳しい説明や買い方につきましては、管理人が実際に購入した経験を経験談に載せていますので参考にしてください(  ̄∇ ̄)

外国株式は、グーグルやアマゾンなどのベンチャー企業など多く「大化けする銘柄が多い」というメリットもありますが、情報が入りづらいというデメリットもあります。

海外の成長企業も購入することができるんです。

スポンサーリンク

こちらの記事は、株式投資歴15年の運営者が執筆しています。
元手20万円、投資実績は2018年末で+1220万2,237円。初心者にも分かりやすい記事を心がけています。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。