単元未満株が株式分割をすると端数の株は?

Q:質問

S株(単元未満株)が株式分割することになりました。
1株に満たない株は売却できるんですか?

A:回答

1株に満たない株式については、小数株を保有することはできません。 よって、発行企業からの金銭交付となります。(一般的に小為替等での支払いとなります)

下記にて詳しく解説します。

ワン株やS株などの単元未満株の株式分割

ワン株やS株などの単元未満株も株式分割されます。

それぞれの株式分割のケースごとに説明します。

  1. S株が株式分割を「1:3」で行う場合
  2. S株が株式分割を「1:1.5」で行う場合
  3. S株とワン株で保有している同じ株が株式分割を「1:1.5」で行う場合

S株(単元未満株)が株式分割を「1:3」で行う場合

割とよくある株式分割の割合です。
1:3の株式分割ですので保有数が3倍になります。(株価は1/3)

単元株が100株の株の場合、

  • S株 1株保有 ⇒ S株 3株保有に。
  • S株 34株保有 ⇒ S株 102株 ⇒ 単元株 100株、S株 2株 保有に。

2番目の例のように、株式分割により、単元株(例では100株)に達した単元未満株は「単元株と単元未満株」の保有になります。

S株(単元未満株)が株式分割を「1:1.5」で行う場合

1:1.5の株式分割ですので保有数が1.5倍になります。

  • S株 20株保有 ⇒ S株 30株保有に。
  • S株 1株保有 ⇒ S株 1.5株 ⇒ S株 1株 保有。端数の0.5株は金銭交付に。

2番目の例のように、1株に満たない端数(0.5株)が出た場合、1株に満たない株を保有することはできません

よって、株式分割を行った発行企業からの金銭交付となり、端数分の金銭が証券会社の総合口座に入金されます。各銘柄の信託銀行にて買取請求(売却)の手続きになる場合もあります。

S株とワン株で保有している同じ株が株式分割を「1:1.5」で行う場合

どちらの単元未満株も1:1.5の株式分割ですので保有数が1.5倍になります。

端数の株が複数の証券会社にある場合、合算で1株にして、保有数が多い証券会社に自動的に移ります

  • S株 1株保有 ⇒ S株 1.5株に。
  • ワン株 3株保有 ⇒ ワン株 4.5株に。

S株の0.5株と、ワン株の0.5株が合算されて「1株」となります。
この1株は保有数が多い証券会社の口座に自動的に移ります。

つまり、最終的には株式分割後の単元未満株は下記のようになります。

  • 合算後 ⇒ S株 1株 保有に。
  • 合算後 ⇒ ワン株 5株 保有に。

複数の証券会社にて同じ単元未満株を保有している場合、株数が減って(増えて)ビックリしないようにしましょう(  ̄∇ ̄)

スポンサーリンク

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。