特定口座と一般口座の違いって?

Q:質問

口座開設の資料が届きまして一般口座と特別口座というものがありましたがよくわかりませんでした。
どちらが利用しやすいでしょうか?

A:回答

オンライントレードを始めるために各証券会社で口座開設の資料を請求すると、

「どの口座タイプで口座を開きますか?」

といったことを必ず聞かれます。

口座開設資料にある口座は3タイプあります。

  • 特定口座(源泉徴収あり)
  • 特定口座(源泉徴収なし)
  • 一般口座

特定口座とは、証券会社が株を取引する為だけに用意した口座です。
一般口座とは、お持ちの一般銀行の口座をそのまま株の取引用に利用します。

結論を先に言いますと、証券会社が代理で年間の取引内容の履歴(年間取引書)を作成してくれたり、確定申告を代理でしてくれる「特定口座」を選んだ方が便利です。

「一般口座」を選択した場合、利益が20万円を超えた場合、年間の取引を自分で記録して確定申告をする必要があります。
損益の計算やら非常に大変ですので、わざわざ一般口座にする必要はないと思います。

特定口座 源泉徴収の「あり・なし」から選ぶ

特定口座は便利でおすすめです。
後は源泉徴収の「あり・なし」から口座の種類を選びましょう。

源泉徴収 確定申告 税金の支払い
タイミング
「あり」の場合 必要なし。 売却益を得る度に証券会社が徴収。証券会社が代理で税務署に税金を納める。
「なし」の場合 年間の売却益が20万円を超えた場合、確定申告が必要。 年間の売却益が20万円を超えた場合、自分で確定申告をして税金を納める。

若干ややこしいですが、下記のようになります。

年間20万円以下の売却益の場合

「あり」だと売却益を得る度に税金分が先に引かれるので、投資金額が減っていく。
「なし」だと売却益に税金分が引かれないので、投資金額をフルに活用できる。

*源泉徴収「なし」が投資資金の面で やや有利。

年間20万円以上の売却益の場合

「あり」だと確定申告の必要なし。
「なし」だと確定申告が必要になる。

*源泉徴収「あり」が確定申告の手間いらずで簡単。

年間で損失が出た場合

「あり」でも「なし」でも確定申告をした方が節税対策になります。
確定申告をしなくてもいいですが、した場合は損失を翌年度以降に繰り越せます。

初心者はどれを選べばいいの?

初心者は「特定口座・源泉徴収あり」を選ぶことを個人的におすすめします。

こちらを選んでおくと、確定申告をする必要がないので楽です。

また、株式投資の売却益は「所得」になり、配偶者控除や国民健康保険の保険料などにも関係してきます。

「源泉徴収あり」を選ぶと株式の譲渡益は、合計所得金額に含まれません。
よって、配偶者控除の優遇規定にも影響しませんし、国民健康保険料にも影響されません。

つまり、税金に関して何も気にせずに取引をして利益を出す事が可能です。

この事から「特定口座・源泉徴収あり」での口座開設をおすすめしています。

万が一、「あり/なし」を変更したくなった場合、年度の切り替え時に変更する事が可能です。
したがって「特定口座」さえ選んでおけば、あとは深く悩まなくてもいいと思います。
(変更する年に一度でも取引を行うと変更出来ません)

ちなみに管理人も「特定口座・源泉徴収あり」を選択しています。

初心者は特定口座「あり」「なし」のどれかにしておけば間違いはありませんよ。

スポンサード リンク

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度8年連続第一位

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

マネックス証券とのお得なタイアップキャンペーン

9/29(木)まで!

マネックス証券」さんと 「現金 3,000円」or「投資本」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン

9/30(金)まで!

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


サイト内検索 powered by Google