特定口座年間取引報告書とは?

Q:質問

1月に特定口座年間取引報告書が送られてきたんですが、何に使うんですか?

A:回答

特定口座年間取引報告書は、上場株式などの譲渡所得および配当所得を年ごとに合算した報告書です。

特定口座で口座開設していると、年明けの1月初旬~中旬頃に「特定口座年間取引報告書」が証券会社から送られてきます。

何に使うかというと確定申告を行うときに申告書に「特定口座年間取引報告書」を添付して提出します。つまり、大事な書類になります。

特定口座年間取引報告書とは?

長ったらしい名前ですが、文字を分割すると分かります。

「特定口座」における「年間」の「取引」を一覧にした「報告書」です。
主に下記が書かれています。()内は報告書の項目名

  • 株式の売却時の合計額。(譲渡の対価の額)
  • 株式の購入時の合計額。(取得費及び譲渡に要した費用の額等)
  • 売却と購入の差額による損益。(譲渡所得等の金額)
  • 源泉徴収された所得税(15.315%)の金額。(源泉徴収税額)
  • 源泉徴収された住民税(5%)の金額。(株式譲渡所得割額額)

特定口座年間取引報告書の「譲渡所得等の金額」を見れば、特定口座内の年間の損益が分かります。

個別の取引履歴は載っていない

ちなみに、特定口座年間取引報告書には取引の合算された金額は載っていますが、個別の株式の取引履歴は載っていません

年間の取引履歴(トレード記録)は、各証券会社にログインし「取引履歴」から閲覧、ダウンロードできます。

一定期間が過ぎると、見れなくなりますので必要な人はダウンロードか印刷しておきましょう。

マネックス証券の場合は、ページ上部の「保有口座・口座管理」内にある「取引履歴・損益」をクリック。その中にある「取引履歴」から過去24ヶ月分の入出金・取引履歴が見られます。(ダウンロードは全取引履歴からできます)

マネックス証券の特定口座年間取引報告書

参考までに、わたしのメイン口座であるマネックス証券の年間取引報告書です。

下記で説明しますが、「源泉徴収の選択が有」になっている場合は、原則として確定申告が不要になります。

特定口座年間取引報告書

こちらを見ると、2018年のマネックス証券の特定口座の損益が91,604円であることが分かります。

このほかに、配当金の交付状況が一緒に送付されてきます。

特定口座年間取引報告書 2枚目

各証券会社により様式は違いますが、掲載してある情報は一緒です。

確定申告の申告書に添付する

特定口座年間取引報告書は、確定申告を行う際に申告書に添付します。
確定申告の時期は2月中旬から3月中旬のあいだです。

参考までに

2019年は、2月18日(月)~3月15日(金)です。
この時期に2018年分の確定申告を行います。

各証券会社分 必要ですので、大切に保管しておきましょう。
再発行もしてもらえますが、手続きに時間がかかりますので。

源泉徴収のあり/なしに関わらず送られてくる

特定口座年間取引報告書は、特定口座を開設していれば証券会社から送られてきます。

「特定口座 源泉徴収あり」で口座開設された方は、原則として確定申告は不要になります。

口座の種類 源泉徴収 確定申告
特定口座 あり

確定申告の必要なし!(自分でしてもOK)

証券会社が税務署に税金を納めます。(源泉分離課税)

売却益を得る度に証券会社が税金分を徴収してあなたの代わりに税金を納めます。

なし
  • 年間の売却益が20万円を超えた場合
    自分で確定申告をして税金を納めます。(申告分離課税など)
  • 年間の売却益が20万円以下の場合
    確定申告は必要ありません。

よって、「特定口座 源泉徴収あり」で口座開設し、確定申告をしない人は特定口座年間取引報告書は特に必要ありません。

ただし、「特定口座 源泉徴収あり」でも確定申告をした方がお得になる場合があります。

  • 損失が出て「譲渡損失の繰り越し控除」の特例をうけるとき。
    (例)30万円の損失がでて、翌年以降の利益と合算して節税したい場合。
    詳しくは年間で大損したら確定申告を検討しよう!にて。
  • 他の証券会社の損益と損益通算する場合。
    (例)A社で30万円の利益がでて、B社で10万円の損失がでてる場合。
    損益通算で30万円-10万円=20万円の利益となり節税になります。

    詳しくは株式投資で確定申告が必要な場合は?にて。

確定申告をしてお得になるのは、ケース by ケースになります。
税理士さんに相談されるか、確定申告が近くなると無料相談会が開催されますので、そちらで聞いてみてください。

一部の証券会社は自分で申請をする

最初に、特定口座年間取引報告書は証券会社から送られてくると説明しましたが、申請しないと送付されてこない証券会社もあります。

  • マネックス証券
    前年の12月から申請できます。早めに申請することをオススメします。
    一昔前は勝手に送付されてきましたが、2016年あたりから申請制に変わりました。

わたしが今のところ認識しているのは上記ですが、追加がありましたら追記していきます。

自宅でプリントして確定申告に使える?

特定口座年間取引報告書は、各証券会社でログイン後に閲覧、印刷が可能です。

マネックス証券の場合は、上部の「保有残高・口座管理」の中の「電子交付書面」をクリック。
「特定口座年間取引報告書」にチェックをいれて検索するとPDFファイルが出てきます。

確定申告の申告書の添付に使ってよさそうですが、現在の仕組みではできないそうです。
各証券会社の質問集にもダメと書かれてあります。

マネックス証券より。

電子交付された特定口座年間取引報告書と支払通知書を印刷しても、原則として確定申告に利用することはできません。

楽天証券より。

「特定口座 年間取引報告書」は、電子交付閲覧画面より印刷された書面を、確定申告に使用することはできません。

ワンポイント

来年、2020年2月の確定申告(2019年分)より、電子交付されている書面を申告時の証明書として利用できます。
つまり、自宅で印刷した特定口座年間取引報告書を確定申告に利用ができるようです。

こちらは、マネックス証券に質問をして教えてもらいました。
2020年になりましたら改めて確認しようと思います。

取引がないと特定口座年間取引報告書は送られてこない

特定口座年間取引報告書ですが、その年に株式の売買がなかったり配当金の受け取りがない場合などは、特定口座年間取引報告書が作成されず、何も送られてきません。

取引をしているのに特定口座年間取引報告書が送られてこない場合は、各証券会社に確認してみてください。

保管しておくとこれまでの記録になる

わたしはこれまでに送付されてきた特定口座年間取引報告書を保管しています。

特段、見ることはないんですが トレードの記念として残してあります。

また、各年の各証券会社ごとの損益をエクセルにつけています。
エクセルにつけると、数年分の合算した金額なども把握できますので。

もし、需要があれば使いやすいようにして公開しますね。

スポンサーリンク

こちらの記事は、株式投資歴15年の運営者が執筆しています。
元手20万円、投資実績は2018年末で+1220万2,237円。初心者にも分かりやすい記事を心がけています。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。