IPO「日本郵政」「ゆうちょ銀行」「かんぽ生命保険」の比較

日本郵政グループ3社の上場(IPO)が東証に承認され、想定発行価格等が分かってきましたので、各指標を比較したいと思います。

  日本郵政 ゆうちょ銀行 かんぽ生命保険
想定発行価格 1,350円あたり 1,400円あたり 2,150円あたり
売買単位 100株 100株 100株
購入金額
(抽選資金)
13万5千円あたり 14万円あたり 21万5千円あたり
予想 PER 15.8倍 16.4倍 15.4倍
PBR 0.40倍 0.45倍 0.65倍
配当利回り 1.70% 1.79% 2.60%
IPO当選口数 495万口 約412万口 66万口
調達金額 約6,682億円 約5,774億円 約1,419億円

公募価格(売出価格)による配当利回り

公募価格(売出価格)による配当利回りは下記になりました。

  日本郵政 ゆうちょ銀行 かんぽ生命保険
売出価格 1,400円 1,450円 2,200円
PBR 0.41倍 0.47倍 0.67倍
配当利回り(年間) 3.3% 3.4% 2.5%

割安度が高く、配当利回りは高い。
長期投資には魅力的な内容です。

発行価格は抑えられ、買いやすい価格に

日本郵政グループの株式は幅広く国民に所持してほしいという願いがあります。

その為か、発行価格は買いやすい値段に抑えられました。
売買単位は各100株ですので、発行価格に100株をかけた金額が購入金額(抽選資金)となります。

割安

3社すべてのIPOに応募しても49万円の投資金額で済みます (  ̄∇ ̄) ※想定価格


また、発行価格が抑えられたことにより、割安度を示す「PBR」の指標がかなり低めに抑えられています。

郵政三社の株は「国」が売出しを行います。
売出しにより上場で得た1.4兆円の資金は「復興財源」に充てられます。

配当狙いでの購入も視野に

割安度が高く、配当利回りが高い(投資金額に対して配当金の割合が多い)企業は、長期投資の対象になります。

5年間(最長10年間)、配当金や売却益が非課税になる「NISA口座」との相性も良く、郵政グループをNISA口座で購入される方も多いかと思います。

管理人の私もマネックス証券のNISA口座でIPOに参加する予定です。

蛇足ですが、日本郵政グループは配当性向を上げる計画がありますので、現在よりも高い配当利回りになる可能性があります。

後日、NISA口座で IPOに当選しました。

当選口数がかなり多いIPO

郵政グループ3社の当選口数はかなり多いです。(当選口数は数千~数万くらいが一般的)

IPOに応募すれば、当選確率はかなり高いと思います。
これまでIPOに当選したことがない方でも当たるんじゃないかと思います (  ̄∇ ̄)

管理人や妻、さらに身内達も複数株 IPOに当選しました(管理人の当選実績

日本郵政グループの株を購入するには証券会社に口座を開設する必要があります。
口座開設~取引開始までには 一週間~数週間かかる事が多いです。

余裕を持って、お早めに準備されておく事をおすすめします。

こちらの記事は、株式投資歴15年の運営者が執筆しています。
元手20万円、投資実績は2018年末で+1220万2,237円。初心者にも分かりやすい記事を心がけています。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。