人気が出やすいIPOとは?

大きな利益を得るチャンスがある!

IPO(新規公開株)の魅力についてこれまで説明してきました。

IPO銘柄が上場するとどのくらいの株価になるのか?(いくらの初値がつくのか?)は、

「IPO銘柄の人気度」と「株式市場の状況」

により決まります。

IPOのブックビルディング(抽選)に参加する前に、人気が出るIPO銘柄であるかどうかを見分ける目安がありますので、そちらをご紹介します。

人気が出やすいIPO銘柄のチェック項目

人気化しやすいIPO銘柄を調べるのに いくつかのチェック項目があります。
必ずという事はありませんが目安にはなると思いますので、こちらで紹介させて頂きます。
は下記に説明があります。

項目

人気化しやすい 人気化しづらい
市場からの調達金額 少ない
(10億円以下は特に高騰しやすい)
多い
(多ければ多いほど不人気)
公募株数 少ない 多い
売出株数 少ない 多い
公開市場 東証マザーズ
JASDUQ(ジャスダック)
東証二部
ロックアップ あり なし
ベンチャーキャピタル なし あり
知名度 高い その他
業種 その時代で人気のある業種 その他の業種
業績
(売上や経常利益成長率など)
良い 悪い
企業の割安性
(PERやPBRなど)
割安 割高
財務健全性
(自己資本比率や有利子負債)
安全 危険
配当利回り 高い 低い
株主優待 設定あり 設定なし
同時期に上場する他のIPO銘柄 ない ある

公募株数、売出株数

公募株数と売出株数の違いはこちらです。
この2つを合わせて「公開株数」と呼びます。

  • 公募株数・・・企業が新しく発行する株式 (企業にお金が入る)
  • 売出株数・・・既存株主が市場に出す株式 (既存株主にお金が入る)

「公募株数」は少ない方がIPO銘柄の人気が出やすいです。

ブックビルディング(抽選)に回る株数も少ない為、当たりづらくはなりますが、その分プラチナチケット化されやすくなります。

株価はある意味、需要と供給で決まりますが、市場に出回る株数も少ない為、買い方が欲しいと思うほど、株価が高くなりやすくなります。

「売出株数」も同様に、少ない方がIPO銘柄の人気が出やすいです。

補足として、公募株数よりも売出株数の方が多いと初値は抑えられる傾向にあります。
何故なら、株を購入した資金が「企業」ではなく「既存株主」に渡る為 嫌気されるというわけです。

ロックアップ

ロックアップとは、既存の株主に対して「一定の期間、持ち株を売却してはダメですよ」と制限をかけることです。

既存の株主は、保有しているIPO銘柄を上場直後に売る事が出来ませんので、売り圧力が緩和されます。結果、値下がりリスクが減るので、新規株主が買いやすくなります。

逆に、ロックアップがないIPO銘柄は、上場と同時に売りが集まり 株価が下がっていく場合があります。

ベンチャーキャピタル(VC)

「ベンチャーキャピタル」は上場を目指す成長性の高い企業などの支援や投資を行う機関です。頭文字をとって「VC」とも呼ばれます。

上場後、保有している株式を売却することにより利益を得ることを目的としています。

IPO銘柄が上場を果たすと、その利益を得るために保有している株式の売却を大量に行うことがあります。
その為、ベンチャーキャピタル(VC)が参加しているIPO銘柄は売りが大量に出る可能性もある為、人気化しづらくなります。

先ほど説明したロックアップにて、VCは「株価が●●円になるまで売ってはダメ」「6か月間は売ってはダメ」といった制限がかけられることもあり、その場合はすぐに大量に売られる危険性も少ない為、人気化する場合もあります。

業種

人気のある業種は、その時代で変化します。
2013年はiPS細胞やアベノミクスにより恩恵を受けそうな「医療系」やネットサービス系に大変人気がありました。

医療系の「リプロセル」は初値が5.56倍になり、初値で売った場合の利益は146万円に!

株式市場の活況度もIPOの初値に影響する

上場日に株式市場が活況であるかどうかも、IPOの初値に影響します。

項目 人気化しやすい 人気化しづらい
株式市場の活況度 取引が活発
株価は上昇傾向
取引が少ない
下落が続いている
Yahoo!掲示板などの状況 書き込みが多い 書き込みが少ない
直前のIPO銘柄の初値 高い 安い

事前人気が高いIPO銘柄でも、市場の活況度が低ければ初値は思ったよりも低くなり、逆に市場の活況度が高ければ、人気がないIPO銘柄でも初値が思ったよりも高くなりやすいです。

もちろん、「人気が高くて、市場も活況」のIPO銘柄においては、初値が公募価格の数倍になることも珍しくありません。次項では各年のIPOの比較も行っています。

簡単にIPOの人気度を調べる方法

IPOの上場実績」にて、これから上場する予定のIPOを市場の注目度に応じてランク付けしています。

Sランクが一番人気があり、Aランク、Bランク、Cランクと続いていきます。

Sランクに関しては市場に元気がなくても公募割れすることもほとんどありませんので、是非 ブックビルディング(抽選)に参加しておきたいところです。

庶民のIPO

IPOを紹介した姉妹サイトを公開しました。

IPOとは?」でIPOの基本的な仕組みを紹介し、「IPOの当選攻略法」ではIPO当選のコツを紹介しています。

また、「IPOの実績データ」ではIPOの傾向を紹介し、IPOのスケジュール管理に便利な「メール通知システム」等を公開しています。

人気化しているIPO銘柄は抽選に参加しても損はほぼありません。

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン

9/29(金)まで!

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

9/30(土)まで!

ライブスター証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


9/30(土)まで!岡三オンライン証券」さんと「現金 5,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。
岡三オンライン証券とのお得なタイアップキャンペーン

サイト内検索 powered by Google

  • 本サイト「初心者の株式投資道場」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。各金融機関の最新情報については各Webサイトにてご確認下さい。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 「初心者の株式投資道場」における無断の複製・コピーを一切禁止致します。サイト内へのリンクは全てリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問やWebサイト内の説明に対する質問やご要望は「お問合せフォーム」より お気軽にどうぞ。