IPOの抽選資金が必要ない証券会社

IPOのブックビルディング時に、抽選資金が必要ない証券会社です。

証券会社への入金がゼロでもIPOに参加できるので、口座開設をしておいて損はありません。

4コマ漫画1 4コマ漫画2 4コマ漫画3 4コマ漫画4

IPOの抽選資金が不要とは?

IPOに参加する際に、抽選資金を必要とする証券会社が大半です。

本来は、「申し込む株価」×「申し込む株数」の現金を証券会社に入金しておく必要があります。

1,500円で100株申し込む場合、15万円の現金が必要。

が!

一部の証券会社では、IPOの抽選に資金不要で参加(口座への入金ゼロ)できます!

口座への入金がゼロで済むので、応募に際して負担が一切ありません!

つまり、気軽にIPOに参加することが可能です(  ̄∇ ̄)

IPOの抽選に当選したときは、IPOを購入する購入資金が必要になります。
当選してから資金を用意すればよいので、私のような一般人には助かります(  ̄∇ ̄)

IPOの抽選資金不要の証券会社

IPOの抽選資金が不要の証券会社です。

入金がゼロで済むので、口座開設がオススメです。

証券会社 説明
岡三オンライン証券
岡三オンライン証券

現金2,000円がもらえる お得なタイアップ企画を開催中!

口座開設数が少ないため、狙い目です。
グループ会社の岡三証券よりIPOの割当が回ってくることがあります。

2019年は、全体の46%にあたる35社のIPOを取り扱っています。
抽選機会が多くおすすめです。

未成年口座の開設も可能でカブスルも子供の口座を開設しています。

ライブスター証券
ライブスター証券

現金2,000円がもらえる お得なタイアップ企画を開催中!

100%の公平抽選を採用しています。

2017年1月よりIPOの取り扱いを始めました。
口座開設数が少ないため、狙い目です。

野村證券
(ネット&コール)
野村證券

大手証券会社「野村證券」のネット専用口座。
主幹事になる機会が多く、IPOの抽選資金も不要です。

2019年は、全体の41%にあたる31社のIPOを取り扱っています。
抽選機会が多くおすすめです。

カブスルは6回当選

松井証券
松井証券

2019年は、全体の21%にあたる16社のIPOを取り扱っています。

抽選時の資金が不要なので気軽に参加できます。

カブスルは1回当選

DMM.com証券
DMM.com証券

2019年2月からIPOの取り扱いをはじめています。

入金は当選を確認してからでOK

証券会社への入金はIPOの当選を確認してからでOKです。

ただし、当選から購入までの購入期間は数日と短いです。

当選確認が遅くなると、入金も遅れ購入できなくなる可能性もありますので、早めに当選確認しましょう。

姉妹サイトの庶民のIPOでは、当選管理に便利なシステムを提供しています。

姉妹サイト

庶民のIPO

IPOをさらに詳しく紹介している姉妹サイト「庶民のIPO」もご活用ください。

カブスルが実践しているIPOの当選確率を上げるコツ」を惜しみなく紹介しています。

また、IPOに便利なシステムとして、申込や当選確認がネット上でできるIPO管理帳や、ブックビルディング開始をお知らせするメール通知システムを無料でご利用できます。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。