バランスよく利益を出そう

すべての銘柄で利益を出すのはとても難しい!

株式投資ではすべての銘柄で利益を出す必要はないと思います。
・・というかそれを達成させるのは至難のワザとなります。

さまざまな投資法や投資に対する考え方はあると思いますが、目指す目標はただ一つ。

お金を増やす

資産を運用して増やすこと」

これに尽きるんではないかと思います。


たとえばA銘柄で-2万円という損失を出してもB銘柄で+3万円という利益を出していれば(3万円-2万円)=+ 1万円の利益が出て資産は増えていることになります。

極端な例でいえば、10銘柄で損失を合計-10万円出していても、1銘柄で利益が+20万円出していれば(20万円-10万円)= + 10万円と資産は確実に増えるんです。

もちろん私もすべての銘柄で「利益を出そう!」と思って株を購入しているわけで、誰も初めから「これは損失を出して、あちらで利益を出そう!」なんて購入の仕方はしていません。

では、何を言いたいのかというと・・・、

「損切り」はきちんと行いましょう

ということです。

すべての銘柄で利益を出そうとすると、含み損の銘柄を抱えてしまう状況になりやすくなります。
含み損を抱えてしまうと「資金が凍結」され、投資力が落ちてしまうことになります。

つまり、買いたい銘柄があっても資金が足りなくて買えない・・・といった状況に陥りやすくなります。

損切りは「損失の確定」であり、損という現実を認めるという精神的にきつい作業ですが、

損失は損失と認めて、次に利益を出す努力

をした方が新たに投資銘柄を選考できるので個人的にはよいのではないかと思います。

目標の本質を考える

2006年6月、いよいよサッカーのドイツワールドカップが始まります。

サッカー観戦

4カ国が1つのグループでリーグ戦を行い、決勝リーグへ進出するためには他国より多い「勝ち点」が必要となります。理想は「全勝」ですが、たとえ1敗しても残りで2勝を挙げれば「勝ち点」は他国より有利となり決勝リーグへ進出できる可能性が高くなります。

サッカーを知らない方にはなんのことかわからないかもしれませんが、要は・・・

「何を目指しているのか?」 (目標の本質を理解する)

サッカーでいえば「決勝リーグへ進出する」こと、株式投資でいえば「利益を出す」こと。

つまりサッカーで言えば全勝することが目標の本質ではないですし、株式投資でいえば全部の銘柄で利益を出すことが、目標の本質ではないということが 何となくお分かり頂けるんではないかと思います。

スポンサーリンク

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。