+10%の利益、-20%の損失

これじゃー資産が増えるわけがない!

+10%の利益、-20%の損失

こんな取引してました・・・。
これじゃ~資産が増えるわけないですよね。

+5%、+10%の利益を得るのに苦戦しているのに、損失は軽く-10%、-20%を超えていく・・。

こんな取引をしてしまっている主な原因は、

「損切りができていない」

こと。これが損失の拡大の原因です。

利益を出すのに苦労する割には、リスク管理の基本「損切り」ができずにズルズルと株価が下がっていき、損失の拡大を防ぐことができていませんでした。

ルール化やガイドラインは必要

今後は、

損切りのルールを徹底する」ことにします。(最悪でも-10%で損切りを行う)
一旦、損切りをためらい、下落した銘柄ってその後さらに下落しても処分しづらいんですよね~。

その結果、-20%などという大幅な損失も出しかねません。もちろん塩漬けになれば「資金の凍結」にもつながり、資金の効率的な運用もできなくなってしまいます。

損切りについては、肯定派と否定派がいますが、私は断然肯定派ですね。

下落した株価の回復を気長に待っているよりは、思い切って処分した方がサッパリします。
これは投資している方のスタイルや性格にもよるでしょうね(  ̄∇ ̄)

損切りを徹底させたいのであれば、「逆指値」を利用している証券会社はとても便利ですよ。
暴落時に設定価格になれば、自動的に売却してくれます。
自動的ですので、ためらいなどはもちろんなく、容赦なく損切りしてくれますよ(ノД`)

損切りはいわば、「損失の確定」
なかなか精神的にはやりたくないことなんですが、確実に行うのをおすすめします。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。