カブスル株の用語を知ろう株の重要な指標をカンタンに覚えよう!

株の重要な指標をカンタンに覚えよう!

では早速・・・、

「株価収益率(PER)」 「株主資本利益率(ROE)」 「株価純資産倍率(PBR)」

株価純資産倍率の計算式とは・・当期純利益÷純資産で計算し・・・・・
なんたらかんたら・・・

では、大事なことなんでこれらを覚えて下さい!
と言われたら、初心者にとっては頭が痛い問題ですよね?

株の専門用語が難しい
  • 「やたら漢字が並んでおり、難しそうな圧迫感がある」
  • 「ただでさえ、株の仕組みが分からないのに計算式まで覚えないといけないの?」

私が株式投資を始めた際は、上記の印象がとても強かったんです。

というのも、私が始めに読んだ本でも上記のような重要語句の説明が、これまた漢字だらけの説明文で書かれており、本を読む気力が段々と萎えたりしていました。

指標は単なる目安。無理に覚えなくてもOK

株をはじめると よく聞くようになる株式用語「株価収益率(PER)」や「株主資本利益率(ROE)」。

株を始める前までは「難しそうだな~」と感じるとは思いますが、難しいのは「言葉の響きだけ」です。何も難しいことはありませんし、暗記する必要もありませんので安心してください。

株の専門用語は覚える必要はない

これらの指標は企業の業績等を示す 単なる指標の一つに過ぎません
また、暗記する必要もないです。

意味が分からなくなった時に「この指標はどういう意味だったっけ?」と調べればよいだけです。

また、投資スタイルによっては上記のような指標をまったく利用しません。

これらの指標は、知らなくても取引はできますが、知っておいたほうが売買の判断をする際に何かと役に立つと思います。

重要な指標を分かり易くご紹介

当サイトでは、これらの語句を初心者にも分かりやすく説明させて頂きます。

私も初心者時代、難しい言葉が並んでいる本を読んで頭を痛めた想い出がありますので(笑)

なお、たとえ話を用いて説明いたしますが、わかりづらい場合はご指摘ください。
また、他に良いたとえ話があれば教えていただければ幸いです (  ̄∇ ̄)

それでは、次項「株価収益率(PER)」から一緒に見ていきましょう~。

言葉は難しそうに聞こえますがその中身はとっても単純なんです。

スポンサーリンク

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
公平抽選の「IPO」
サポート体制も高評価

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に11度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
公平抽選の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン

11/30(金)まで!

SBI証券現金2,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

12/31(月)まで!

ライブスター証券現金2,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


12/28(金)まで!岡三オンライン証券現金2,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを行っています。
岡三オンライン証券とのお得なタイアップキャンペーン

サイト内検索 powered by Google

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。