投資信託とは?

当サイトの紹介文を寄稿してくれた「こぐまさん」が投資信託を行っておりますので、こぐまさんに投資信託のカテゴリ記事を寄稿して頂いています。

今回の記事を執筆するにあたりかなり葛藤されております。(投資信託を勉強して思ったこと

※管理人は注釈を入れております。

投資信託とは?

投資信託とは、私たち一個人から集めたお金を投資のプロが運用して、運用成果に基づき利益を投資家に分配(還元)する仕組みで成り立つ金融商品です。

つまり、私たちのお金をプロに預け、代わりに資産運用してもらうんです。

信託とは、文字通り「相手を信用して委託すること」です。

投資信託の仕組み

投資のプロって誰?

ここでいう、投資のプロって誰でしょう?

投資のプロは、たとえば「ファンドマネージャー」と呼ばれる人たちのことです。

「ファンド」=「投資信託」です。「投信」と短縮したりもします。

「ファンド」を管理する人「マネージャー」のことを「ファンドマネージャー」と呼ぶんですね。
そのままですね。笑

このファンドマネージャーが運用機関(会社、銀行)に所属し、私たちが投資したお金を元手に投資行為を行うというわけなのです。

そこで出た利益から手数料を引いたものが私たちの収益として分配(還元)されます。

そして、投資を受けた企業がその資金を使って、新たな製品やサービスを私たちに提供してくれるのです。理にかなったステキな仕組みですよね。

管理人の補足

ファンドマネージャー(プロの投資家)が 長期的な投資の計画を立てて運用方針(株式や債券、国内株式や外国株式の比率など)を決定します。

次ページ以降でこぐまさんが詳しく解説してくれますが、個人のメリットは「投資(資産運用)をお任せできる」ことになり、デメリットは「運用が失敗する場合もある」事です。
プロと言えども100%のリスク回避はできませんので。個人ならなおさら難しい…

投資信託の成り立ち

投資信託は4つの登場人物・組織で成り立っています。

投資信託のしくみ
  1. 投資をする人
    私たちのことで 投資家と呼ばれます。
    私たちのような一個人で投資行為を行う人たちは「個人投資家」と呼ばれます。
  2. 販売する人
    投資信託の販売手続きや販売促進を行う人たちのことです。
    私たちの窓口となり、問い合わせ対応や投資信託の売買契約もこの人たちと交わします。
  3. 運用する人
    あなたが投資している投資信託に含む株式などの監視を行い必要に応じて組み替えなどを行う人たちのことです。
    投資のプロである、ファンドマネージャーはここにいますよ!
  4. 投資金を管理する人
    あなたが投資したお金を保管・管理する人たちです。
    投資信託のお財布的な役割を持ちます。
    お金の管理をする人たちは受託銀行に所属しています。

思っていたよりシンプルですよね!

参考までに

管理人はマネックス証券で投資信託を行いました。

スポンサーリンク

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。