ストップ高、ストップ安の上限価格は?制限値幅と更新値幅表一覧

1日にうちに株価が極端に上がりすぎる、もしくは下がりすぎるのを抑えるために、株価に応じて一日の株価の上限・下限を設けています。(制限値幅)

ストップ高・ストップ安とは
  • ストップ高は、制限値幅の上限まで株価が上昇すること。
  • ストップ安は、制限値幅の下限まで株価が下落すること。

制限値幅とは、1日の中で株価が上下する精一杯の値段のことです。

制限値幅(ストップ高、ストップ安) 一覧

制限値幅は「前営業日の終値」が基準となります。

制限値幅を下記に書きますが、暗記をする必要はありません。
必要に応じて表を見て、売買の参考にしてください。

  • 制限値幅は、ストップ高の上限価格とストップ安の下限価格です。
  • 更新値幅は、変動する株価の値幅。更新時間は3分です。
価格 制限値幅 更新値幅
~100円未満 30円 5円
100円以上~
200円未満
50円 5円
200円以上~
500円未満
80円 8円
500円以上~
700円未満
100円 10円
700円以上~
1,000円未満
150円 15円
1,000円以上~
1,500円未満
300円 30円
1,500円以上~
2,000円未満
400円 40円
2,000円以上~
3,000円未満
500円 50円
3,000円以上~
5,000円未満
700円 70円
5,000円以上~
7,000円未満
1,000円 100円
7,000円以上~
10,000円未満
1,500円 150円
1万円以上~
1万5千円未満
3,000円 300円
1万5千円以上~
2万円未満
4,000円 400円
2万円以上~
3万円未満
5,000円 500円

株価が3万円以上の株は少ないので、折りたたんでいます。

(クリックで展開)株価が3万円以上の制限値幅表
価格 制限値幅 更新値幅
3万円以上~
5万円未満
7,000円 700円
5万円以上~
7万円未満
1万円 1,000円
7万円以上~
10万円未満
1万5千円 1,500円
10万円以上~
15万円未満
3万円 3,000円
15万円以上~
20万円未満
4万円 4,000円
20万円以上~
30万円未満
5万円 5,000円
30万円以上~
50万円未満
7万円 7,000円
50万円以上~
70万円未満
10万円 1万円
70万円以上~
100万円未満
15万円 1万5千円
100万円以上~
150万円未満
30万円 3万円
150万円以上~
200万円未満
40万円 4万円

例として、株価が1,200円の場合、制限値幅は300円です。
ストップ高は+300円の1,500円、ストップ安は-300円の900円になります。

2営業日連続のストップ高(安)で制限値幅が4倍に拡大

2営業日連続のストップ高(安)で、制限値幅が4倍に拡大されます。

  • 2営業日連続で、ザラ場中の出来高がゼロ。
  • 2営業日連続で、比例配分がない。

2020年8月3日より、拡大幅がこれまでの2倍から4倍に拡大されました。
売買の早期成立を目的として、見直されました。

制限値幅の拡大は、どちらか片方の値幅のみ4倍に拡大されます。

  • ストップ高が、2営業日連続で続く。
    翌営業日から、上限の値幅のみ4倍に拡大。
  • ストップ安が、2営業日連続で続く。
    翌営業日から、下限の値幅のみ4倍に拡大。

なお、制限の解除は値幅が4倍に拡大された後に、ストップ高(安)にならずに売買が成立すると、翌営業日から拡大が解除され、通常の制限値幅に戻ります。

ストップ高で注文は比例配分へ。早いもの勝ちや抽選に

その日に売買が成立せず「ストップ配分」となった場合、東京証券取引所などの「取引所配分ルール」に則り、証券会社毎に株数の割り当てが行われます。

各証券会社に割当が行われ、その後、価格優先や抽選、数量優先など、それぞれの比例配分ルールに沿って投資家に株を割り当てます。

各証券会社の優先ルール
証券会社 優先ルール
(1番目)
優先ルール
(2番目)
マネックス証券 価格優先(発注方法) 発注時間
SBI証券 価格優先(発注方法) 発注時間
岡三オンライン証券 価格優先(発注方法) 発注時間
DMM.com証券 価格優先(発注方法) 発注時間
松井証券 価格優先(発注方法) 発注数量
auカブコム証券 抽選
SBIネオトレード証券 発注時間順
GMOクリック証券 申込数優先

多くの証券会社では、価格優先(発注方法)が優先順位一番目に設定されています。
よって、指値注文より成行注文の方が約定の優先度が高くなります。

【優先度高】 成行・寄成 → 引成 → 不成 → 指値・寄指 → 引指 【優先度低】

同じ成行注文だった場合、次の優先度ルールが高い人から(注文時間が早いなど)割当されます。

ストップ高の購入はauカブコム証券がおすすめ

auカブコム証券は、ストップ高の比例配分ルールに「抽選」を採用しています。

ストップ高に気づいてから参加しても、割当チャンスがあるのが魅力です。

いいな~

先日、カブスルはTOB発表の報道を受けてから、auカブコム証券で注文。
早いもの勝ちなら買えませんでしたが、auカブコム証券は抽選なので無事、約定しました!

  1. NTTドコモのTOBが発表される。株価はストップ高へ。
  2. 抽選頼みで、auカブコムで買い注文。
  3. 比例配分で100株約定。
  4. TOB価格(3,900円)に近づいたので売却。
市場で売却

TOB価格は3,900円なので、6.6万円の利益になりました。

TOBは初動で買えれば利益になる可能性が高いです。

発注時間順でおくれをとっても、抽選でGETできる可能性があるのがauカブコム証券です。

auカブコム証券
auカブコム証券
上へ戻る

カブスル限定のお得な口座開設タイアップ企画を行っています。