TOBとは?

TOBとは、株式公開買付のことです。

  • 目的の銘柄の「株式」を取得するために、
  • その買付内容を「公開(宣言)」し、
  • 金融商品取引所を通さずに不特定多数の株主から 「買い付ける」

この一連の流れを、TOB(株式公開買付)といいます。

企業買収や合併・出資などの話題で、TOBという言葉を耳にする機会があると思います。

こちらでは、TOBの流れやメリットを紹介したいと思います。

TOBの流れ

TOBは、金融商品取引所(証券取引所)を通しません。

不特定多数の株主に対して、

  • 「★★円」の株価 で、
  • 「★★株数」の取得 を目標に
  • 「★★日」までに 買い付けます。

と宣言します。

参考までに

TOBで発表される「★★円の株価」は「市場で取引されている株価」より、プレミアム価格を数割上乗せした株価で発表されます。

なぜなら、市場よりも高い「株価」でTOBをすることにより、対象株の保有者は 市場で売らずにTOBで宣言した相手に売った方が得になるからです。

TOBとは?

TOBのメリット

TOBを行うメリットです。

  • 市場からコツコツ買う必要はなく、大量の株式を取得するチャンス
    市場を通して大量に買うと株価も上昇してしまう。
  • 金融市場と違い「決まった株価」で株式を取得できる
    買収金額の予想を立てられる。
  • 株が予定数まで達しなかった場合、TOBの取消し(キャンセル)が可能
    キャンセルで株式の返却が可能。中途半端に取得するリスクがない。

TOBは買う側にとってメリットが多々あります。

TOBのデメリット

TOBは、「これから株を買い付けます!」と宣言します。

買われる側が納得しているTOB(友好的)なら良いですが、買収など敵対的なTOBの場合は、TOBの対象企業に防衛策をとられます。

TOB防衛策の一例です。

  • 第三者に大量に株式を取得してもらう「ホワイトナイト」。
    株式を第三者に取得されるので買収(過半数の取得)が失敗します。
  • 発行済株式の総数を増やす「ポイズンピル」。
    TOBを仕掛けた企業は予定以上の株数を取得する必要があります(費用の増大)。

TOBは買収や合併のために行われる

TOBを行うと、不特定多数の株主から大量に株式を取得できます。

大量に株式を取得する目的は主に2つです。

買収と合併
  • 相手の会社を乗っ取る「買収」
  • 子会社と経営共同する「合併」

これらの目的のために大量に株式の取得を目指します。

発行株式の50%以上を取得すると「経営権」を握れます。
発行株式の3分の1以上を取得すると株主総会における「特別決議の拒否権」が得られます。

企業買収では、この50%以上の株式の取得を目指します。

友好的TOBと敵対的TOB

文字だけで大体ニュアンスが分かるかなぁと思いますが、

  • 友好的TOB
    合併や合意の上での買収などで、対象企業が株式の取得を望んでいる場合。
  • 敵対的TOB
    買収目的で一方的にTOBを使って、経営権を得ようと株式の大量保有を目指す場合。

敵対的TOBを仕掛けられた対象企業は乗っ取られまいと、当然防衛策を講じます。

TOBが仕掛けられると、企業同士の攻防が始まり、株価の動きも不安定になります。

株価の急騰・急落もありますので、TOB銘柄には初心者は気をつけましょう。

参考までに

  • 敵対的TOB(買収)の例。
    ホリエモン率いる「ライブドア」が「フジテレビ」に対して行ったTOBが有名です。
    経営権を握るため、株式の過半数(50%)の取得を目的として行われました。
    株式をどんどん買い増ししていきましたが、フジテレビの買収防衛策により失敗しました。
  • 友好的TOBの例。
    KDDIがauのブランド力アップ、金融事業の強化を図り、カブドットコム証券のTOBを行いました。カブドットコム証券の経営陣も了承しています。
    KDDIがカブドットコム証券のTOBを実施

TOBの上限がある場合は注意

TOBには、買付の上限が設定されている場合があります。

買付の上限数を申込数が上回った場合、希望する株数すべてをTOBで売れなくなります。

  • 買付上限なし
    TOB価格ですべて買い取ってもらえます。(不成立にならない限り)
  • 買付上限あり
    申込数が買付上限を上回った場合、TOB価格で一部を買い取ってもらえます。
    あん分比例方式になり、申込数に応じた割合で一部が買い取られ、一部は買取されず口座に戻ってきます。

TOBで買付上限が設定されている場合、すべて売却できるかどうか不透明になるため、市場の株価はTOB価格を下回る場合があります。

TOBで買付上限がない場合は、市場の株価はTOB価格にサヤ寄せされます。
(TOB価格に近い株価になる)

スポンサーリンク

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。