自社株買いは投資家に人気の株主還元策。発表企業の最新情報あり

自社株買いとは、自社の株式を市場から買い戻すことです。

そもそも、上場企業が株式を発行している理由は、市場にて自社の株式を買ってもらい 経営資金などを得るためです。

では、何のために、自社の株式をわざわざ買っているのか?というのを、こちらで説明します。

企業の自社株買いの目的は?

自社株買いの目的は主に3つです。

  1. 株主への還元対策。
  2. ストックオプション(従業員持ち株制度)。
  3. 敵対的買収の防衛策。
自社株買いとは?

自社株買いした株式は「消却」により発行済株式指数を減らす方法と、「金庫株」として保有を続ける方法があります。

一概にどちがいいとはいえませんが、消却の方が個人投資家に人気があります。
(金庫株は投資家にとって、市場に再放出される懸念が残る為)

株主への還元対策

企業は利益余剰金などを使い、自社株買いを行います。

株式が買われるので、市場で流通する株式の発行数が減少します。

株式数が減る一方で、会社全体の利益総額が減らないので、1株あたりの利益は増えます。
PERやROEなどの指標も改善され、株価上昇につながりやすくなります。

自社株買いは「株主への還元対策」となり、既存株主にとって好材料のニュースです。

また、自社株買いを行う企業は「株主のことを考えている」とされ、人気もあります。

株主還元といえば、配当金がありますが、自社の株価によりどちらを選択するか判断される場合があるようです。

  • 自社の株価が、割安であると考える。
    自社株買いを行う
  • 自社の株価が、割高であると考える。
    配当金による株主還元を行う

自社株買いは、いわば自社の株の買戻し。
株価が高いよりは、安い時期の方が買いやすくなります。

ストックオプション(従業員持ち株制度)

ストックオプションとは、自社の株を従業員で保有する「従業員持ち株制度」です。
自社株を一定の価格で購入することができます。

今後5年間は、自社株を1,000株まで1株500円で購入してもいいですよ。

株価が上がると、保有している従業員の利益も増えます。
よって、従業員は自社株が上がるよう、より一層業務に励むという制度です。

このストックオプションに利用する株式を、自社株買いで市場から取得します。

最近はストックオプションを報酬の一部として、従業員に付与する企業も増えています。

敵対的買収の防衛策

自社株買いを行い、自社が保有する持ち株の比率を高めます。

ライバル企業などから、敵対的買収を避けるために行う場合があります。

また、さきほど説明した通り、自社株買いは好材料であり株価が上がりやすくなります。

株価が上がると、敵対的買収にかかる費用も膨らみ、買収が失敗しやすくなります。

自社株買いによる個人投資家のメリット

自社株買いが行われると発行済株式の総数が減ります。

発行総数が減るので、1株あたりの資産価値やROEが向上します。

投資家からみた企業の価値が上がりますので、株価も上がりやすくなります。

よって既存の株主にとっては自社株買いは好材料となります。

(例)純利益 2,000万円、発行済株式数 1,000株の企業。

  • 2,000万円÷1,000株 = 2万円 (1株あたり純利益)
  • 自社株買いを500株行う
  • 2,000万円÷ 500株 = 4万円(1株あたり純利益)

上記は極端な例ですが、発行済株数が減った分、1株あたりの純利益は上がります。

自社株買いを行う企業は人気がある

自社株買いを定期的に行っている企業は、個人投資家から人気があります。

定期的に自社株買いを行う代表的な企業に、「キヤノン」があります。
自社の株価が高くなり過ぎていない限り、自社株買いを行っています。

また、自社の株式を「安い」と判断して購入するということは、自社の将来の業績に関して自信を持っている(株価が上がると見込んでいる)とも言えます。

投資家にとって、基本的な投資の判断は「将来性」になりますので、自社の将来性を信じている企業の株に人気が出るわけです(  ̄∇ ̄)

自社株買い 発表企業一覧

過去3週間以内に自社株買いを発表した企業の一覧です。

発行済株式総数に対する割合が大きいほど、インパクトがあります。

発表日 コード 企業名 発行済株式総数
に対する割合
取得期間
2019年
11/14 8147 トミタ 7.63 11/151/31
11/14 7199 プレミアグループ 4.5 11/153/24
11/14 6633 C&Cシステムズ 2.04 11/153/20
11/14 5019 出光興産 1.59 11/153/24
11/14 5699 イボキン 1.46 11/152/15
11/14 7030 スプリックス 0.99 11/1512/31
11/14 2498 オリエンタルコンサルタンツHD 0.43 11/15
11/14 3648 AGS 0.28 11/15
11/14 9663 ナガワ - 11/15
11/14 9823 マミーマート - 11/15
11/13 6369 トーヨーカネツ 5.6 11/14
11/13 3768 リスクモンスター 3.66 11/14
11/13 7042 アクセスグループHD 2.45 11/142/13
11/13 6238 フリュー 2.16 11/142/12
11/13 6461 日本ピストンリング 1.6 11/14
11/13 5912 OSJBHD 1.33 11/143/31
11/13 6405 鈴茂器工 1.16 11/14
11/13 8306 三菱UFJFG 0.77 11/1412/31
11/12 7180 九州FG 2.65 11/143/24
11/12 7315 IJTT 2.51 11/136/23
11/12 6013 タクマ 2.41 11/133/19
11/12 6294 オカダアイヨン 2.21 11/132/28
11/12 7877 永大化工 2.1 11/136/30
11/12 6101 ツガミ 1.93 11/125/13
11/12 7871 フクビ化学工業 1.69 11/13
11/12 2531 宝HD 1.00 11/181/17
11/12 6820 アイコム 0.67 11/13
11/12 3914 JIG-SAW - 11/1312/31
11/11 3676 デジタルハーツHD 3.18 11/122/6
11/11 3766 システムズ・デザイン 2.86 11/1211/11
11/11 7167 めぶきFG 1.27 11/123/24
11/11 5195 バンドー化学 1.03 11/12
11/11 9005 東急 0.98 11/1212/30
11/11 7441 Misumi 0.83 11/129/18
11/11 7721 東京計器 0.6 11/1211/29
11/11 2326 デジタルアーツ 0.43 11/1211/22
11/11 7570 橋本総業HD 0.18 11/12
11/11 9085 北海道中央バス - 11/134/28
11/8 7768 ジェコー 16.71 11/81/31
11/8 5192 三ツ星ベルト 4.30 11/11
11/8 3537 昭栄薬品 2.79 11/113/31
11/8 3853 アステリア 2.65 11/1112/30
11/8 7267 本田技研工業 1.9 11/113/31
11/8 8345 岩手銀行 1.84 11/123/13
11/8 6560 エル・ティー・エス 1.46 11/1112/16
11/8 2899 永谷園HD 1.29 11/11
11/8 6485 前澤給装工業 1.06 11/113/31
11/8 1721 コムシスHD 0.94 11/113/31
11/8 4021 日産科学 0.89 11/114/30
11/8 9641 サコス 0.76 11/119/30
11/8 4095 日本パーカライジング 0.65 11/11
11/8 7458 第一興商 0.49 11/111/31
11/7 7731 ニコン 9.2 11/83/24
11/7 2503 キリンHD 6.8 11/811/7
11/7 3099 三越伊勢丹HD 3.6 11/84/30
11/7 7438 コンドーテック 2.96 11/89/30
11/7 9880 イノテック 2.7 11/115/31
11/7 9628 燦HD 2.63 11/86/30
11/7 6113 アマダHD 2.52 11/83/31
11/7 3299 ムゲンエステート 2.05 11/83/31
11/7 4272 日本化薬 1.44 11/83/31
11/7 7203 トヨタ自動車 1.19 11/113/31
11/7 7550 ゼンショーHD 0.7 11/81/31
11/7 3940 ノムラシステムコーポレーション 0.44 11/8
11/7 7013 IHI - 11/8
11/6 7597 東京貴宝 5.65 11/711/15
11/6 5988 パイオラックス 4.0 11/73/19
11/6 9987 スズケン 1.97 11/73/24
11/6 8118 キング 1.65 11/7
11/6 7189 西日本FG 1.05 11/73/31
11/5 5602 栗本鐵工所 3.18 11/63/24
11/5 9142 JR九州 2.0 11/63/31
11/5 4182 三菱ガス化学 1.56 11/61/31
11/5 9757 船井総研HD 1.31 11/612/27
11/5 6088 シグマクシス 0.96 11/2011/29
11/5 4534 持田製薬 0.64 11/612/20
11/1 4202 ダイセル 6.82 11/57/31
11/1 2602 日清オイリオグループ 2.92 11/53/31
11/1 4975 JCU 2.59 11/52/28
11/1 2768 双日 2.4 11/53/31
11/1 7951 ヤマハ 2.2 11/53/31
11/1 4559 ゼリア新薬工業 2.15 11/55/12
11/1 6413 理想科学工業 1.14 11/1312/13
11/1 5186 ニッタ 1.02 11/53/31
11/1 7475 アルビス 1.02 11/5
10/31 5901 東洋製罐グループHD 3.1 11/13/31
10/31 6222 島精機製作所 2.82 11/12/28
10/31 9201 日本航空 2.3 11/12/28
10/31 6371 椿本チエイン 2.21 11/111/29
10/31 5333 日本ガイシ 2.2 11/12/21
10/31 9062 日本通運 2.11 11/13/24
10/31 7442 中山福 2.1 11/512/4
10/31 7419 ノジマ 1.98 11/110/31
10/31 9001 東武鉄道 1.89 11/12/28
10/31 4503 アステラス製薬 1.70 11/11/31
10/31 8136 サンリオ 1.2 11/11/31
10/31 7475 アルビス 1.02 11/1
10/31 5905 日本製罐 0.73 11/112/30
10/31 6960 フクダ電子 0.65 11/1
10/31 2406 アルテサロンHD 0.40 11/1
10/31 2412 ベネフィット・ワン 0.39 11/1
10/30 8137 サンワテクノス 1.87 10/313/31
10/30 8031 三井物産 1.7 10/313/24
10/30 9698 クレオ 1.7 11/181/31
10/30 2217 モロゾフ 0.67 10/31
10/30 1967 ヤマト 0.57 10/31
10/30 3275 ハウスコム 0.1 11/11/31
10/29 9551 メタウォーター 16.59 10/3011/27
10/29 6645 オムロン 2.43 10/3010/29
10/29 9889 JBCCHD 1.82 10/3012/20
10/29 7741 HOYA 1.59 10/304/23
10/28 8591 オリックス 5.5 11/15/8
10/28 5334 日本特殊陶業 2.73 10/292/28
10/28 3231 野村不動産HD 1.24 10/293/31
10/28 3850 NTTデータ・イントラマート - 10/29
10/25 4212 積水樹脂 6.74 10/283/31
10/24 5423 東京製鐵 5.06 10/253/31
10/24 7970 信越ポリマー 0.55 11/112/31
10/23 6535 アイモバイル 12.6 11/14/30
10/23 5985 サンコール 1.54 10/24
10/23 7463 アドヴァン 0.8 10/2411/30

スポンサーリンク

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。