受渡日とは?売買の3営業日後に決済される日

受渡日とは、約定日を含めて3営業日後の注文が決済される日です。

私たちは証券会社で株を購入したり、売却したりしているわけですが、実は約定した日(注文が完了した日)に、購入した株を手に入れたり、売却した日に現金が入金されているわけではありません。

注文が完了した日(約定日)を含めて、3営業日後に注文が決済されます。

  • 買いの注文なら、株式が入庫されます。
  • 売りの注文なら、証券会社の口座に現金が入金されます。

証券会社のポートフォリオには、購入した株がすぐに「保有株として表示」されます。

また、株を売却した際は「買付余力」が増えているので、すぐに決済が完了しているかのように思われますが、厳密には上記のように3営業日後に決済されます。

株を売買したら3営業日後に決済される

株を購入(売却)してから、受け渡しが行われるには約定日を含めて3営業日かかります。

3日後ではなく、3営業日後になります。
土日や祝日はカウントしません。

ややこしいので、先に解説しておきますが下記になります。

  • 株を購入した場合。
    • 証券会社:すぐに保有銘柄として表示される。売却も可能。
    • 手続き上:実際には、3営業日後に株主として株主名簿に登録される。
  • 株を売却した場合。
    • 証券会社:すぐに買付余力として表示される。株の購入に利用も可能。
    • 手続き上:実際には、3営業日後に証券会社に売却代金が入金される。

いいかえれば、証券会社が売買をスムーズにできるように立て替えているようなカタチになります。

1. 株を購入した場合の受渡日

株を購入した場合の受渡日です。

株を購入した場合の受渡日
  • 証券会社:19日に保有株として表示される。株の売却も可能。
  • 受渡日:受渡日は21日。株主となり株主名簿に記載されるのも21日。

注意点としては、配当金や株主優待をもらいたい場合。

権利確定日の当日に株を購入しても株主になれません。

3営業日前の権利付き最終日に購入する必要があります。

2. 株を売却した場合の受渡日

株を売却した場合の受渡日です。

株式を売却した場合の受渡日
  • 証券会社:19日に買付余力として売却分が増える。株の購入に利用も可能。
  • 受渡日:受渡日は21日。売却分を出金できるのも21日以降になる。

注意点としては、証券会社から出金したいとき。

買付余力と出金可能金額は違います。
詳しくは下記で紹介していますが、証券会社から出金できるのは受渡日以降になります。

3. 株式を売却した場合の受渡日 (土日を挟む場合)

株式を売却した場合の受渡日(土日挟む場合)

土日や祝日は3営業日にカウントされません。

買付余力と預かり金(出金可能額)の違い

証券会社に表示される、「買付余力」と「預かり金(出金可能額)」は違います。

下記、マネックス証券の口座管理画面です。

現金と買付余力(マネックス証券)
  • 「出金可能額」や「お預り金」
    口座から出金することができる金額です。
    株を売却してから3営業日後に出金できる
  • 「買付余力」(買付可能額)
    株を購入することができる金額です。
    株を売却したらすぐに反映される。

しつこいようですが、株を売却した資金を出金できるのは、3営業日以降です。

また、株を売却した資金はすぐ次の株を購入する資金にできます。(同一銘柄、同一資金は不可)

参考までに

下記の質問も受渡日が関係しております。

証券会社から出金したいときは余裕を持つ

証券会社からお金を引き出す際は「お預り金」や「現金残高」を確認しておきましょう!

今日、50万円の株式を売却して明日 買う予定の車の頭金を払おう!

と思っていても、株を売却してから出金するまでは、約定日を含めて3営業日かかります。

直前に株を売却しても受渡日が来るまでは証券会社に入金されず、出金処理ができません

現金が必要になるのが事前に分かっている場合は「3営業日」日数がかかるというキーワードを忘れずに余裕を持って取引をするようにしましょう(  ̄∇ ̄)

(参考)2019年7月16日から1営業日早まった

2019年7月16日から受渡日は1営業日早まりました。
(以前は4営業日かかりました)

理由としては、受渡日を早めることにより未決済残高を減らすなどして、決済リスクを低減させることが狙いとなります。

私たちにはメリットでしかありませんね。

アメリカ・欧州等の海外市場は、受渡日は取引日から起算して3営業日目(T+2日)です。

参考までに

各証券会社でも受渡日の説明がされています。

証券会社で3営業日後または2営業日後と説明が違うのは?

金融機関により、受渡日は3営業日後または2営業日後と書かれていますが、起算日の違いによって多少ズレています。

  • 受渡日は3営業日後。← こちらが多い
    約定日(取引日)を含めて、3営業日後
  • 受渡日は2営業日後。
    約定日(取引日)を含めないで、2営業日後

なお、カブスルでは日本証券業協会の説明に合わせて、約定日を含めて3営業日後としています。

スポンサーリンク

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。