ニッチ市場ってなに?

ニッチとは、訳すと・隙間(すきま)という意味になります。

つまり、ニッチ市場とは、

隙間市場 = 隙間産業

を意味します。

  • 潜在的な能力が高い
  • 大手企業が参入していない
  • 独自の技術を持っていて他者が真似できないこと

(例)フルヤ金属など

日本は技術王国。
世界でナンバーワンシェアを誇る技術を持っている中小企業は決して少なくありません。

また、広い意味では特定の分野に特化している産業もニッチと言えます。

最近でいえば、「萌え」の分野。

数年前まではそれほど大きな市場ではなかったようですが、秋葉原を中心としたオタク市場は急速に拡大し、現在は相当大きな分野となっています。

「24時間営業しているコンビニ」も当時は「ハテナ?」とされる分野でしたが、ニーズがどんどん増え、市場が大きくなり、今や珍しいことではなくなりました。

「ニーズはあるが専門的に行っている企業がない」

こういった分野はビジネスチャンスがありますし、まだ市場に注目されていない割安な状態で見つけた際には長期投資しても面白いと思います。

スポンサーリンク

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。