上場廃止とは?整理銘柄と監理銘柄の違い

上場廃止とは、取引所への上場をやめることです。

上場廃止になると、証券会社を通じて取引所での株の売買ができなくなります

上場廃止予定の株を保有している場合、株の売却がしづらくなります。

上場中に保有株を売却する投資家は多く、株価も上場廃止日に向けて下落していきます。

上場廃止が決定すると整理銘柄に入り、上場維持に疑義がかかると監理銘柄に入ります。
両者の違いについても紹介します。

上場廃止とは?

上場廃止とは、取引所への上場をとりやめることです。

理由は大きく分けて2つあります。

  • 取引所が定める上場廃止基準に該当する。
  • 自主的に上場廃止を申請する。

上場廃止基準は、株主数や売買高、時価総額など一定数が必要なもののほか、債務超過や虚偽記載などさまざまなものがあります。

理由として多いのは、完全子会社化やM&Aによる株式等売渡請求による取得になります。

自主的に上場廃止を行う企業は、上場による株主の意向を聞く必要や決算情報の開示などさまざまなデメリットを考慮し、自主的に上場廃止します。

上場廃止が決定すると整理銘柄になる

上場廃止が決定した企業は、整理銘柄に指定されます。

整理銘柄に指定されると、証券取引所で売買できるのは原則1ヶ月間となります。

上場廃止後は、ご自身で売却相手を見つける必要があります。

よって、市場で取引できる一ヵ月間のうちに売却しようという動きが出ますので、株価はどんどん下がっていきます

整理銘柄は、投資家に一定期間で取引所で取引できなくなりますよー!と注意喚起を行うために行っている措置でもあります。

持ち株が上場廃止(整理銘柄)になったら?

一定期間後に上場廃止になりますので、取引所で売れるうちに売却しましょう。

売却して損益を確定してください。
利益確定でも損失確定でも、のちのち市場外で取引するよりラクです。

個人的には、なるべく早めに売った方がいいと思います。(売れる相手がいるうちに)

買い煽りに注意しよう。整理銘柄はマネーゲーム化しやすい

株価が一時的に上がる場合もありますが、それは「マネーゲーム」として遊ばれているだけです。

整理銘柄の新規購入は、超ハイリスク・ハイリターンの危険な投資(投機)となります。

「数年後に再上場したら利益が出るよ!」

な~んていう書き込みが掲示板で現れますが、無視しましょう。

再上場する可能性は「0」ではありませんが、上場廃止した時の株券を廃止し、新しく株券を発行して再上場した場合、保有していていもまったく意味がありません。

株券を保有して再上場しなかった場合や原資100%になった場合は、ただの「紙切れ」(無価値)になってしまいますし、節税対策で損失を認めてもらう為の手続きも面倒です。

【最新】上場廃止を発表した企業一覧

過去1年間に上場廃止を発表した企業の一覧です。
newは、1週間以内に発表された銘柄です。

上場
廃止日
企業名 コード 市場
廃止理由
2019年
9/27(金) やまねメディカル 2144 JQG
SIHDの完全子会社化
9/27(金) 田淵電機 6624 東証一部
ダイヤモンドエレクトリックHDの完全子会社化
9/18(水) 日東エフシー 4033 東証一部
株式の併合
8/29(木) 薬王堂 3385 東証一部
薬王堂HDの完全子会社化
8/29(木) 日本ビューホテル 6097 東証一部
ヒューリックの完全子会社化
8/29(木) カブドットコム証券 8703 東証一部
株式の併合
8/29(木) 理研グリーン 9992 JQS
クミアイ化学工業の完全子会社化
8/23(金) 日本ライトン 2703 JQS
株式等売渡請求による取得
8/5(月) ユーシン 6985 東証一部
株式の併合
7/30(火) アピックヤマダ 6300 東証二部
株式等売渡請求による取得
7/30(火) KIHD 6747 東証二部
株式等売渡請求による取得
7/30(火) 図書印刷 7913 東証一部
凸版印刷の完全子会社化
7/30(火) ジョリーパスタ 9899 東証二部
ゼンショーHDの完全子会社化
7/23(火) 朝日工業 5456 JQS
株式の併合
7/10(水) フーマイスターエレクトロニクス 3165 JQS
株式の併合
6/18(火) エヌ・デーソフトウェア 3794 東証二部
株式の併合
5/29(水) スター・マイカ 3230 東証一部
スター・マイカ・HDの完全子会社化
4/22(月) シーズ・HD 4924 東証一部
株式の併合
4/18(木) ベリサーブ 3724 東証一部
株式等売渡請求による取得
4/18(木) JIEC 4291 東証二部
株式等売渡請求による取得
3/27(水) 昭和シェル石油 5002 東証一部
出光興産の完全子会社化
3/27(水) パイオニア 6773 東証一部
株式の併合
3/27(水) 十八銀行 8396 東証一部
ふくおかFGの完全子会社化
3/27(水) バイテックHD 9957 東証一部
レスターHDに合併
3/25(月) クラリオン 6796 東証一部
株式等売渡請求による取得
3/19(火) 一六堂 3366 東証一部
株式の併合
3/13(水) エナリス 6079 東証マザーズ
株式の併合
3/7(木) FCM 5758 JQS
株式等売渡請求による取得
2/26(火) ヒト・コミュニケーションズ 3654 東証一部
ヒト・コミュニケーションズ・HDの完全子会社化
2/18(月) シベール 2228 JQS
民事再生手続き
2/12(火) 光製作所 8191 JQS
株式の併合
2/1(金) アクリーティブ 8423 東証一部
株式の併合
1/28(月) 夢テクノロジー 2458 JQS
夢真HDの完全子会社化
1/25(金) ダイベア 6478 東証二部
株式等売渡請求による取得
1/22(火) 大京 8840 東証一部
株式等売渡請求による取得
1/8(火) エヌ・ティ・ティ都市開発 8933 東証一部
株式等売渡請求による取得
2018年
12/26(水) ソルコム 1987 東証二部
ミライト・HDの完全子会社化
12/26(水) 日新製鋼 5413 東証一部
新日鐵住金の完全子会社化
12/26(水) アルパイン 6816 東証一部
アルプスアルパインの完全子会社化
12/26(水) エルナー 6972 東証二部
太陽誘電の完全子会社化
12/4(火) 桑山 7889 JQS
株式等売渡請求による取得
11/27(火) エキサイト 3754 JQS
株式等売渡請求による取得
11/20(火) 富士通コンポーネント 6719 東証二部
株式の併合
10/26(金) D.A.コンソーシアムHD 6534 東証二部
株式等売渡請求による取得
10/22(月) 東武ストア 8274 東証一部
株式等売渡請求による取得
10/12(金) 三井ホーム 1868 東証一部
株式等売渡請求による取得
10/12(金) アーバンライフ 8851 東証二部
株式等売渡請求による取得
9/26(水) サムシングHD 1408 JQG
ITbookHDの完全子会社化
9/26(水) 日成ビルド工業 1916 東証一部
スペースバリューHDの完全子会社化
9/26(水) 日本電通 1931 東証二部
協和エクシオの完全子会社化
9/26(水) SYSKEN 1933 東証二部
コムシスHDの完全子会社化
9/26(水) TTK 1935 東証二部
ミライト・HDの完全子会社化
9/26(水) 西部電気工業 1937 東証一部
協和エクシオの完全子会社化
9/26(水) NDS 1956 東証一部
コムシスHDの完全子会社化
9/26(水) 北陸電話工事 1989 東証二部
コムシスHDの完全子会社化
9/26(水) ブックオフコーポレーション 3313 東証一部
ブックオフグループHDの完全子会社化
9/26(水) みんなのウェディング 3685 東証マザーズ
くふうカンパニーの完全子会社化
9/26(水) ITbook 3742 東証マザーズ
ITbookHDの完全子会社化
9/26(水) サン・ライフ 4656 JQS
サン・ライフホールディングの完全子会社化
9/26(水) 総合メディカル 4775 東証一部
総合メディカルHDの完全子会社化
9/26(水) ゼニス羽田HD 5289 東証二部
ベルテクスコーポレーションの完全子会社化
9/26(水) オウチーノ 6084 東証マザーズ
くふうカンパニーの完全子会社化
9/26(水) ダイヤモンド電機 6895 東証二部
ダイヤモンドエレクトリックHDの完全子会社化
9/26(水) さが美グループHD 8201 東証一部
株式の併合
9/26(水) 第四銀行 8324 東証一部
第四北越FGの完全子会社化
9/26(水) 北越銀行 8325 東証一部
第四北越FGの完全子会社化

上場廃止が危ぶまれると監理銘柄になる

監理銘柄は、上場廃止基準に該当する恐れ絵がある場合に指定されます。

投資家に注意喚起する為に、監理銘柄に指定されます。

監理銘柄に割り当てられた銘柄は、事実確認が必要になります。

  • 上場基準を満たす
    監理銘柄の指定が解除される。
  • 上場基準を満たさない
    整理銘柄に割り当てられる(上場廃止)

監理銘柄になっても、売買を行う事はできます。

持ち株が監理銘柄になったら?

持ち株が監理銘柄になったら「売却」したほうがよいと思います。

事実確認後、そのまま整理銘柄に指定されるパターンが多いです。

また、監理銘柄に入った時点で投資家の信用が少しダウンします。

そのまま通常の売買に戻ったとしても信用は落ちていますし、上場廃止の「監理銘柄」にはいると、株価の暴落は免れません。

よって、売却することを個人的におすすめします。


最後に、整理銘柄と監理銘柄のおさらいです。

整理銘柄
  • 上場廃止が決まった株。
  • 監理銘柄から上場廃止が決まった株。
  • 株の売買はできるが、一定期間後(原則 一ヵ月)に上場廃止。
監理銘柄
  • 上場廃止基準に抵触しそうな株。
  • 事実確認後、監理銘柄の指定が解除されるか、整理銘柄へ移行する。
  • 株の売買はできる。

どちらも投資家への注意喚起のために、指定されます。

個人的には、指定後は売却されるのをオススメします。

スポンサーリンク

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。