企業の安全性を図る指標

各証券会社を口座開設することにより今や無料で見ることができる「四季報」

「四季報」とは年4回発行される全上場企業の決算を一覧にした冊子です。
その四季報を見ることにより、各企業の詳細な経営内容を確認することができます。

倒産リスクを
見極めましょう

株式投資を行なう上での最大の損失リスクとは企業の
倒産リスク」です。経営に「?」と感じた企業は四季報を確認し、下記の数値を確認してみましょう。

株主資本比率(自己資本比率)ってなに?

株主資本比率(自己資本比率)とは、経営の安定度を表す指標

株主資本比率とは、総資産から負債を引いたもの。
計算式は「株主資本 ÷ 総資産 × 100」でパーセンテージで表します。

負債が少ないほど、株主資本比率は高くなるので、指数が高いほど、借金も少なく経営が安定しているといえます。

ただし、株主資本に「有価証券評価差額」が含まれている時は注意が必要です。
その時の時価により有価証券の評価がされていますので該当銘柄の評価が下がれば(株価が下がれば)、実際の株主資本比率がさがる場合があります。

参考までに

参考までにマネックス証券で見た「任天堂」の自己資本比率です。数値は高く、倒産危機は低いと言えます。

任天堂のROE

有利子負債ってなに?

有利子負債とは、負債の中でも毎年金利を払う必要のある負債。
銀行などの借入れ金や社債などがそれらにあたります。

有利子負債がない企業は極めて健全な経営ができていると言えます。
逆に有利子負債の割合が大きい企業は、銀行などからの支援が経たれると経営維持が厳しくなります。こちらの有利子負債も注意してみてみましょう。

企業が負債を負うのは悪いことなの?

答えは「No」。

負債はないほうがよいに決まっていますが、きちんと負債を返せる経営を行なっていれば問題ありません

ただ、当然 負債が少ない企業の方が倒産リスクは回避できるというものです。

連結余剰金ってなに?

連結している上場企業(フジサンケイグループなど)の場合、決算で業績を開示する連結全体の株主資本から資本金と資本準備金を差し引いた金額のこと。
つまり連結企業の利益の余剰金となります。

通常はプラスですが、倒産危機にある企業はこの数値がマイナスになってきます。

よく分からないなぁという方は

マネックス証券には、口座開設をすると無料で見られるアイフィス・ジャパンによる「IFISスコア」というツールがあります。

IFISスコアの分析

上記は2013.8時点での「東京電力」のIFISスコアです。
東日本大震災の影響や、それに伴う損害賠償、汚染水の流出などの懸念事項も多く、 財務健全性は最低に近い「6」となっています。(100点満点中)
潰しては大変な電力会社だからこそさまざまな支援がありますが、通常の企業であれば倒産する危険性があるスコアとなっています。

IFISスコアは数値が高い程 良好となります。

各項目についてスコア(点数)がついてますので、投資の判断材料になります。
「財務健全性」のスコアが低い銘柄は、倒産等の危険性がありますので注意しましょう!

IFISスコアは、他にも「割安」などの指標にもスコアがついており、便利なツールです。

スポンサーリンク

こちらの記事は、株式投資歴15年の運営者が執筆しています。
元手20万円、投資実績は2018年末で+1220万2,237円。初心者にも分かりやすい記事を心がけています。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。