決算とは?

決算とは、

「1年間の収入・支出を計算し、利益や損失を計算すること」

3月末日を「決算日」としている企業が多いですが、3月が決算期の場合は、
4月1日から3月31日までの1年間が会計期間となります。

決算は企業にとって大事な業務であり、決算により企業としての
1年間の儲けや損失が、財務状態などが「決算書」として発表されます。

決算書とは?

決算書とは決算により、企業の営業・財務内容が把握できる書類です。
私たちが学生時代にもらった「通信簿」のようなものですね。

決算書のメインは3つ。

  • 貸借対照表 【バランスシート(B/S)】
  • 損益計算書 【プロフィット・アンド・ロス(P/L)】
  • キャッシュフロー計算書

また、上記3つに加えて下記などがあります。

  • 製造原価報告書(製造業のみ)
  • 利益処分計算書
  • 連結決算書

こちらではメインとなる3つの決算書について簡単に説明します。

メインである3つの決算書

・貸借対照表(バランスシート)

 企業の「財務状況」が分かる。
 お金がどこから入ってどのように出ていくのかが把握できる。

・損益計算書

 企業の「儲け」が分かる。
 利益の推移により企業の成長度が把握できる。

・キャッシュフロー計算書

 企業の「現金の増減」が分かる。
 営業によるものか、借入金なのか、現金の質が把握できる。

3つの決算書ではそれぞれ、理解できる範囲があります。

それぞれの足りない情報を他の決算書にて補い、企業の財務内容・健全性・将来性などを理解していきます。

決算書は各企業のホームページに掲載されており、「IR情報」や「株主の皆様へ」というリンク先にあります。

決算発表はいつ?

決算期が終わってから最終的な計算をするわけなので、決算期より数ヶ月後に決算が発表されます。3月が決算期の場合は、4月末から5月末に行われることが多いようです。

決算内容は見た方がいい?

もちろん。投資をする上では見た方がいいです。
自分で確認することにより、掲示板などでの根拠のない煽りも無視することができます。

また、中長期投資の場合は安心して買う事ができます。
堅い言葉や数値が並んでいるので、慣れていないと苦痛なんですけどね ^^;

決算書では、どういった部分を見た方がいいのか?を別カテゴリでまとめました。

ザックリとした説明ですので、詳しく知りたい方は書店などで関連書籍をお求めください。

スポンサーリンク

こちらの記事は、株式投資歴15年の運営者が執筆しています。
元手20万円、投資実績は2018年末で+1220万2,237円。初心者にも分かりやすい記事を心がけています。

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。