ディフェンシブ銘柄とは?

サブプライムローン問題により、上場企業の株価が軒並み下がり「ディフェンシブ銘柄」という単語が良く聞かれるようになってきました。

では、このディフェンシブ銘柄とは何でしょうか?

言葉の響きからなんとな~く掴めると思いますが、 ディフェンス(守る)という意味合いがあります。

  • 景気動向に左右されにくい
  • 安定的な業種である

銘柄のことを指します。

ディフェンシブ銘柄の種類

上記、2点の特徴から「生活必需品」が挙げられます。

  • 電気、ガス
  • 食料品
  • くすり
  • 交通機関

これらに関連した銘柄がディフェンシブ銘柄に当たります。
景気が悪いからと言って、利用しないことはない銘柄たちです。

電気 東京電力、中部電力、関西電力、中国電力、東宝電力、九州電力 など
※福島原発事故以来、株価は不安定です。
ガス 東京ガス、大阪ガス など
食料品 日本ハム、アサヒビール、キリンホールディングス、伊藤園、
味の素、日清食品、JT など
くすり 武田薬品工業、アステラス製薬、中外製薬、エーザイ、大正製薬など
鉄道 東武鉄道、東京急行電鉄、京浜急行電鉄、小田急電鉄、
東日本旅客鉄道、西日本旅客鉄道 など

ディフェンシブ銘柄は完璧?

安定的な業種で、売買も安定しています。
つまり、急騰することもありませんが、急落することもありません。

「配当」などのインカムゲインを求めるのには向いてますが、「売買の差額」で利益を得るキャピタルゲインを求めるのには不向きです。

不景気時や投資家が投資対象を選べない状況にある際に、安定を求めてディフェンシブ銘柄が買われやすくなります。

よって、不景気時に人気が高くなるのがディフェンシブ銘柄の特徴です。

スポンサーリンク

上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。