株を売却した日に出金は出来ないの?

Q:質問

株を売却した日に出金は出来ないの?
買付余力には反映されているんだけど・・・。

A:回答

株を購入出来る「買付余力」と、出金が可能な「出金可能額」は違います。
約定日から3営業日後の受渡日にならないと出金が出来ません。

「買付余力」と「出金可能額」とは?

まず初めに、下記の言葉の意味を確認しておく必要があります。

  • 「買付余力」 ・・・ 株を購入することが出来る金額
  • 「出金可能額」 ・・・ 証券会社の口座からお金を引き出せる金額

2つの言葉、似ているようで若干違います。
上記の違いを説明する言葉が「受渡日」になります。

また、新しい言葉が出てきましたね・・・。
こちらで図を用いて説明していますのでご確認お願い致します。

出金が可能になるのは3営業日後。出金処理は前もって可能。

出金が可能になるには3営業日後(受渡日)になります。
出金先口座が銀行口座の場合、「出金可能額」にあらかじめ反映されます。

(例)口座の金額0円、A銘柄を5万円で売却。 マネックス証券で出金先が銀行口座の場合)

--- 約定日(売却日) ---

  • 買付余力は 5万円、出金可能額は 0円

--- その翌営業日の21時以降 ---

  • 買付余力は 5万円、出金可能額は 5万円
    ※出金可能額には約定日の翌営業日の21時以降に反映されます。
    従って「出金処理」を行う事は可能ですが、実際にご指定の口座に入金されるのは翌営業日になります。(つまり、約定日の3営業日後の受渡日)

私達は株を購入すると、ポートフォリオにただちに「保有株として表示」され、売却をすると「買付余力に反映」されるので、すぐにその株券や売却した金額が自分のものになっていると勘違いしやすいんですが、実際は受け渡しに3営業日がかかっています

この3営業日というのは、実際に「株券」の受け渡しを行っていた時代の名残となっています。

口座から現金を降ろす必要がある場合は受渡日に気をつけて取引をしましょう。

スポンサード リンク

上へ戻る

初心者向きおすすめ証券会社

管理人のメイン証券会社
マネックス証券

マネックス証券

「逆指値」「ツイン指値」
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!

個人投資家が最も多く利用
SBI証券

SBI証券

破格の手数料体系
情報ツールが充実
顧客満足度一位に十度輝く

選べる2つのコース
SMBC日興証券

SMBC日興証券

IPOの引受回数が多い
完全公平の「IPO」
手数料も安くなりました!


証券会社とのお得なタイアップキャンペーン

SBI証券とのお得なタイアップキャンペーン

7/31(月)まで!

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

ライブスター証券とのお得なタイアップキャンペーン

9/30(土)まで!

ライブスター証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


9/30(土)まで!岡三オンライン証券」さんと「現金 5,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。
岡三オンライン証券とのお得なタイアップキャンペーン

サイト内検索 powered by Google