GMOクリック証券:初心者向き証券会社

取引ツールが豊富!

業界最安値の手数料

証券会社名 GMOクリック証券
口座開設料 無料
自動注文 指値など
目的別 デイトレード向き / 手数料が安い
特徴 業界最安値の手数料体系

GMOインターネットグループの証券会社

GMOクリック証券は「GMOインターネットグループ」が手掛けるネット証券会社です。

その特徴はなんといっても2つ。

  • 破格の手数料体系
  • ネットに強い会社ならではの「取引ツールの充実度」

ディトレーダー向けに手数料を安くしている証券会社です。
現物取引手数料(1約定ごとプラン)20万円まで98円(税抜)。

オリコンランキングも常連になってきました。

オリコンランキング

取引ツールや注文方法も充実

手数料の安さだけではなく、画面やシステムの使いやすさにも気を遣っています。

取引を簡単にするツール「はっちゅう君」により、素早く取引することも可能です。
また、マネックス証券同様、「逆指値」も利用が可能です。

外出先では携帯電話でも取引可能な「モバトレ君」や、iPhone対応アプリにて取引が可能です。

手数料が格安クラスの証券会社

GMOクリック証券は、業界最安水準の手数料体系です。

  • 1約定ごとプラン
    「1回の取引金額」で手数料が決まります。最低88円(税抜)~
  • 1日定額プラン
    「1日の取引金額の合計」で手数料が決まります。

1注文の約定代金に対して手数料がかかる1約定ごとプランの場合。(税抜価格 / 2019.10.1時点)

~5万円 ~10万円 ~20万円 ~50万円
88円 88円 98円 241円

1日の約定代金合計額に対して手数料がかかる1日定額プランの場合。(税抜価格 / 2019.10.1時点)

~20万円 ~30万円 ~50万円 ~100万円
213円 278円 399円 797円

通常の取引は、1約定ごとプランがおすすめです。

1日に何度も取引をする方や取引金額が大きくなる方は、1日定額プランがおすすめです。

取引手数料を抑えることにより、その分利益も単純に増えます。

取引回数が多い方にとって、手数料が安いというのは魅力的です。

IPOの取り扱いも少ないがある

GMOグループが上場(IPO)する際、同グループの証券会社である「GMOクリック証券」が当選口数の割当を委託される場合があります。

  • GMOメディア
    初値売りによる利益:277,000円、騰落率:101.09%(約2倍)
  • GMO TECH
    初値売りによる利益:784,000円、騰落率:135.17%(約2.3倍)
  • GMOリサーチ
    初値売りによる利益:280,000円、騰落率:133.33%(約2.3倍)

それほど、IPOを引受ける回数は多くありませんが、GMOグループの上場時には外せません。
また、IPO目的で口座開設している方も少ないため、ねらい目の証券会社となります。

申込み画面の記入例です。入力に迷う箇所のみ記載しています。
参考にしながら入力できるように、別画面で開きます。 ⇒ 「GMOクリック証券」 の記入例

▼ 公式サイト(口座開設)

GMOクリック証券

GMOクリック証券/新規株式口座開設申込
GMOクリック証券/新規株式口座開設申込
上へ戻る

証券会社との現金6千円がもらえるタイアップ企画を行っています。

  • 本サイト「カブスル」は、情報の提供を目的として運営しており投資の勧誘を目的とするものではありません。
  • 情報の掲載にあたっては慎重を期しておりますが正確性を保証するものではありません。掲載している情報については各Webサイトにて最新情報をご確認ください。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害について一切の責任を負いません。
  • 掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。サイト内へのリンクはすべてリンクフリーです。
  • 株式投資に関する疑問や質問はお問い合わせよりお気軽にどうぞ。